MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

お天気情報

スポーツニュース

映画

新型コロナ影響、ニコラス・ホルトが『ミッション:インポッシブル』最新作を降板

MOVIE Collection[ムビコレ] - 5月22日(金)

拡大写真
(MOVIE Collection[ムビコレ])

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、撮影が中断している『ミッション:インポッシブル』シリーズ最新作『Mission: Impossible 7(原題)』『Mission Impossible 8(原題)』からニコラス・ホルトが降板することになった。


『X-MEN』シリーズのハンク・マッコイ/ビースト役、『トールキン 旅のはじまり』などで知られるホルトは、トム・クルーズ主演の『Mission: Impossible』シリーズ最新作2本で悪役を演じる予定だったが、パンデミックによって撮影スケジュールが大幅に遅れたことにより、スケジュールの都合がつかなくなってしまった。

代わりに出演が決まったのはNetflixオリジナル・シリーズ『オザークへようこそ』のイーサイ・モラレス。ホルトは30歳だが、モラレスは今年58歳になるクルーズと同じ1962年生まれ。設定や内容に変更があるのかどうかはわかっていない。

『Mission Impossible 7』の撮影は今年2月20日からイタリアのヴェネツィアで始まったが、新型コロナウイルスが猛威をふるうイタリアでのロケは不可能となり、撮影中断を余儀なくされた。撮影再開は今夏の終わりから秋にかけて予定されている。

シリーズ前作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』に続いて監督を務めるクリストファー・マッカリーは、自身のインスタグラムにモラレスのモノクロ写真をアップし「我々は皆同じ運命に直面している。#MI7MI8」と作品名をハッシュタグにして、モラレスの起用を知らせている。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(C)2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved./Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./(C) ONGAKUSHUPPANSHA Co.,Ltd./© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved./(C) MOVIE Collection/© 2017 Viacom International Inc. All rights reserved./Copyright @2019 Discovery Japan, Inc. All rights reserved./Copyright © BANGER!!! All Rights Reserved. ©うたびと all rights reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。