MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

お天気情報

スポーツニュース

映画

三浦春馬、多部未華子らがエンタメ業界志す学生にエール!

MOVIE Collection[ムビコレ] - 9月11日(水)

拡大写真
(MOVIE Collection[ムビコレ])

映画『アイネクライネナハトムジーク』の学生限定お悩み相談イベントが9月11日に東放学園映画専門学校で行われ、三浦春馬、多部未華子、矢本悠馬が出席。エンタメ業界を志す同校の20歳前後の学生たちから寄せられた悩みに答えた。


主人公の佐藤を演じた三浦は「(映画の)上映後にみなさんに会える機会が、今までなかなかなかったので、今日は僕たちもドキドキしています」、佐藤の恋人・本間紗季を演じた多部は「映画を見ていただいてありがとうございます。今日はお悩み相談ということなので、頑張って答えます」、佐藤の風変わりな親友・織田一真を演じた矢本は、会場を見渡しながら「サイズ的に恥ずかしいですよね。見終わった人が近くにいるのは」と、それぞれ挨拶した。

現在20歳という、三浦ら3人に比べ10歳くらい若い女性からは「10年前悩んでいたことは何ですか?」という質問が。矢本は「みなさんと一緒で、専門学校で学生をやってました。そこは俳優の養成所みたいなところで、レッスンでバレエとかジャズダンスとかあって。僕は体がめっちゃ硬くて、先生からは『リズム感はあるけど、振り付けの形までいってない』と言われて。週に1回、みんなの前でダンスを披露するようなテストがあったんですけど、みんなはバレエやダンスを習って来た人で、僕だけ初心者。できる子たちの前で毎週のように披露するのが悩みでした」と振り返った。

10年前は連ドラ『ブラッディ・マンデイ』に出演していたという三浦は「ハッカー役で、セリフが多い役どころだったので、セリフ覚えに追われてましたね」と語り、当時、朝ドラ『つばさ』でヒロインを演じていた多部は「何に悩んでたんだろ? 1人暮らしをはじめようかな、とか(笑)、就活どうしようとか、どんな恋愛をしていこうみたいな、普通の女の子と同じような悩みを抱えていました」と振り返った。

また、「来年からテレビの照明として働き出すのですが、すでに不安で押しつぶされそうなので、頑張れっていって欲しいです」というリクエストも。これに三浦は「現場で怒られて、つらい時間を過ごすこともあると思うけど、僕たち目線で話させてもらうと、下の子が怒られながらも『はい。すみませんでした! 今すぐやります!』って言っている姿は、それだけで現場の空気がすごく良くなる。(そういう姿を見ると)この子はまだ仕事になれていないのに、一生懸命食らいついていこうとしている。僕たちも現場の雰囲気を良くしなくちゃいけないって思う。そういう姿勢は自分だけのものじゃなく、現場全体の士気にも関わってくるし、雰囲気も良くするから、そこに意識を向けてくれたら」と答えると、「頑張れ!」とエールを送っていた。

『アイネクライネナハトムジーク』は9月20日より全国公開となる。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(C)2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved./Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./(C) ONGAKUSHUPPANSHA Co.,Ltd./© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved./(C) MOVIE Collection/© 2017 Viacom International Inc. All rights reserved./Copyright @2019 Discovery Japan, Inc. All rights reserved./Copyright © BANGER!!! All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。