MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

お天気情報

スポーツニュース

映画

前田敦子&黒沢清監督、ロカルノで8000人の観客から拍手で迎えられる!

MOVIE Collection[ムビコレ] - 8月19日(月)

拡大写真
(MOVIE Collection[ムビコレ])

前田敦子主演、黒沢清監督の映画『旅のおわり世界のはじまり』が現地時間8月17日夜(日本時間8月18日早朝)にスイス南部のロカルノで開催中の「第72回ロカルノ国際映画祭」クロージング作品として上映された。同映画祭で日本映画がクロージング作品として上映されるのは初めての快挙で、8000人の観客を前に前田と黒沢監督が登壇し、作品について語った。


この日、『旅のおわり世界のはじまり』が上映されるのは、映画祭の代名詞でもあるメイン会場、野外上映会ピアッツア・グランデ。欧州最大といわれる巨大スクリーン(幅約26メートル、縦約14メートル)だ。

登壇した黒沢監督は「なぜウズベキスタンで?」という質問に、「これはもう運命でしたね」と回答。「2年半くらい前のある日、知り合いのプロデューサーから電話がかかってきて、突然、ウズベキスタンで映画を撮ってみないかと言われて。僕はそれまでほとんどの映画を東京で撮っていましたので、いい加減、飽き飽きしていたんです。それが急にウズベキスタンと言われて、まったくどんな国か知りませんでしたけど、『やります』と答えました。それがスタートのきっかけでした」とコメント。

「まさかその映画が、ロカルノ映画祭のピアッツァ・グランデで、しかも映画祭のフィナーレを飾る作品として上映される運命にあるとは考えてもいませんでした。去年の5月に約1ヵ月間、ウズベキスタンで撮影したんですけど、日本人とウズベキスタン人が混じり合ったチームで、みんなでキャンプしているような楽しい撮影でしたけど、ここで上映されるとそのときに知っていたら、もうちょっとまじめに撮っておけば良かったなと今後悔しているところです」と続け、笑いを誘った。

一方、黒沢監督と仕事をした感想を聞かれた前田は「黒沢監督とご一緒するのは今回が3度目なんですけど、初めて大きな長編映画で、主役で呼んでいただけて。3度目だったので、監督が意図していることを今まで以上に読み取って応えていけたらいいなって気持ちで臨みました」と話していた。

『旅のおわり世界のはじまり』は現在公開中。8月23日よりテアトル新宿にて凱旋上映が決定し、8月23日16:00の回上映終了後には、前田と黒沢監督のトークイベントも行われる予定となっている。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(C)2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved./Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./(C) ONGAKUSHUPPANSHA Co.,Ltd./© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved./(C) MOVIE Collection/© 2017 Viacom International Inc. All rights reserved./Copyright @2019 Discovery Japan, Inc. All rights reserved./Copyright © BANGER!!! All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。