MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

お天気情報

スポーツニュース

映画

蒼井優、自身の家族ルールに観客ざわつき困惑「今のナシで!」

MOVIE Collection[ムビコレ] - 5月16日(木)

拡大写真
(MOVIE Collection[ムビコレ])

蒼井優が、5月15日によみうりホールで行われた映画『長いお別れ』舞台挨拶&プレミア試写会に竹内結子、松原智恵子、北村有起哉、中野量太監督とともに登壇。蒼井が明かした“家族ルール”に、集まった観客がざわつく場面があった。


本作は、『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督が、直木賞受賞作家・中島京子の同名小説を映画化。父・昇平(山崎努)の誕生日に、久しぶりに帰省した長女・麻里(竹内)と次女・茉美(蒼井)。2人が母・曜子(松原)から告げられたのは厳格な父が認知症になったという事実だった。それぞれの人生の岐路に立っている姉妹は、思わぬ出来事の連続に驚きながらも、変わらない父の愛情に気づき前に進んでいくストーリーとなっている。

撮影を振り返って、蒼井は「家族の間に流れる本物の空気感を意識した」といい「私は男兄弟しかいなかったので、最初は竹内さんと姉妹!? と驚いたけれど、絶対に大丈夫だと思いました。竹内さんには頼もしくて男前な先輩というイメージがあったので、おまかせすればいいと思ったんです」と笑顔を見せる。

松原は階段のモップ掃除シーンを振り返り「シュッシュとやったら、監督から『階段は隅から隅までやるんですよ』と言われて。この映画でお掃除の仕方を教わりました」とニッコリ。また夫の認知症を告げられるシーンでは「リハーサルから涙が止まらず、でも監督から『泣かないでほしい』と言われて。そんなときに娘たちが背中をさすってなぐさめてくれました。優しい娘と厳しい監督でした」と冗談交じりに語った。

さらに、それぞれの“家族のルール”は? という質問に対して、蒼井は「うちの家族はやたらとハグをするんです。それが当たり前。久しぶりに会うとハグ。ついこの前も父親とハグしました。両親はよく手を繋いで歩いていて、ふれあいを大事にしている家族です」と回答。すると、日本ではあまりなじみのない行動に観客がざわつく事態に。蒼井が「あれ? なんか変な空気。え?…今のナシにしてもらっていいですか」と戸惑っていると、「いつまでも仲がいいのはいいね。両親も元恋人だったんだと感じるよね」と竹内がフォロー。蒼井は頼もしい姉役に感謝しきりだった。

『長いお別れ』は5月31日より全国公開となる。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(C)2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved./Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./(C) ONGAKUSHUPPANSHA Co.,Ltd./© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved./(C) MOVIE Collection/© 2017 Viacom International Inc. All rights reserved./Copyright @2019 Discovery Japan, Inc. All rights reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。