MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

お天気情報

スポーツニュース

映画

上白石萌音、クールでスタイリッシュな黒い衣装に照れ笑い

MOVIE Collection[ムビコレ] - 11月9日(金)

拡大写真
(MOVIE Collection[ムビコレ])

『アリータ:バトル・エンジェル』の主人公アリータ役の日本語吹替版声優に決定した上白石萌音が、11月8日に東京スカイツリータウンで行われた、同作と東京スカイツリーとのコラボ点灯式に登壇した。


本作は、SFコミックの最高峰として語り継がれる「銃夢」を、ジェームズ・キャメロン製作・脚本、ロバート・ロドリゲス監督で実写映画化する話題作。主人公アリータの姿は全てモーションキャプチャーによるCGで描かれている。

アリータ役の声優に決まった時の感想を聞かれた上白石は「ジェームズ・キャメロンさんがプロデューサーとして携わられている注目作品なので、とても光栄に思っています。洋画作品の吹き替えは初めてなので、身の引き締まる思いです」と回答。アリータのキャラクターについては「人間の心とサイボーグの最強の体を持った女の子で、彼女自身が巻き込まれていく運命の中で、少しずつ成長していきます。親しみやすい、共感できるキャラクターだと思います」と話した。

この日は「そんな強いアリータに近づきたい」と、アリータを意識したクールでスタイリッシュなファッションに挑戦。「普段着たことがないかっこいい衣装なのでちょっと恥ずかしいです」と、ちょっと照れた表情を浮かべた。

その後は、アリータの武器である「ダマスカスソード」を振り上げ、イルミネーションを点灯させると、「アリータはこうやって戦うんだなと、アリータに近づけた気がしました。点灯の瞬間は色がとてもキレイで忘れられない瞬間でした」とコメント。

自身もまだ、完成作を見ていないそうで「ジェームズ・キャメロンさんが手掛ける映像の美しさはとても楽しみにしていますし、いろいろな人と触れ合う中でアリータがどう成長していくのかを楽しみにしています」と話すと、「愛の詰まったキャラクターを演じさせていただける光栄さを噛み締めています。どんどん成長して変化のあるキャラクターなので、大切に丁寧に演じて、みなさまに声を届けられるように頑張りたいです」と意気込みを語った。

『アリータ:バトル・エンジェル』は2019年2月22日より全国公開となる。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(C)2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved./Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./(C) ONGAKUSHUPPANSHA Co.,Ltd./© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved./(C) MOVIE Collection/Copyright(C)Wordleaf Corporation. All Rights Reserved./© 2017 Viacom International Inc. All rights reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。