最新ニュース

お天気情報

スポーツニュース

映画

土屋太鳳、黒木瞳との初対面に「素敵すぎて胸がいっぱいです」

MOVIE Collection[ムビコレ] - 8月13日(日)

拡大写真
(MOVIE Collection[ムビコレ])

花の都パリを舞台にバレリーナを夢見る少女の成長物語を描いたアニメ映画『フェリシーと夢のトウシューズ』。この作品の初日舞台挨拶が8月12日に新宿ピカデリーで行われ、日本語吹替版で声の出演をした土屋太鳳と黒木瞳が登壇した。


土屋が声を演じたのは、いつの日かパリ・オペラ座の舞台に立つことを夢見る主人公フェリシー役。黒木が、そんなフェリシーにバレエを教える元バレリーナのオデット役を演じた本作。この日の土屋は、フェリシーがオデットから譲り受ける赤のトウシューズを意識して選んだ真っ赤なドレスと赤いヒール、そして映画ポスターのフェリシー同様、輝くティアラを身につけて登場。黒木も黒とシルバーを基調とした凛とした装いで登場すると客席から歓声が上がった。

土屋と黒木はこの日が初対面。互いの印象について土屋は「アフレコは別々だったので、今日お会いするのがとても楽しみでした。(黒木さんが)素敵すぎて胸がいっぱいです。(日本語吹替版を見た時に)黒木さんの声で命が吹き込まれたことを実感して感動しました」とコメント。黒木は「(作品を通じて接していたので)土屋さんとは初めてお会いした感じが全くしませんでした。私(オデット)の特訓でオペラ座の舞台に立った子、という感です(笑)」と話した。

また土屋は登壇前に「楽しもうね」と黒木に声をかけてもらったことを明かすと、日本語吹替版のその他キャストに関して、「先日のジャパンプレミアで夏木マリさん(ル・オー夫人役)とご一緒したのですが、ものすごく素敵でした。私は夏木さんの声(夏木が声優で参加している作品)で育った1人なので、その声を思い浮かべながらアフレコに挑みましたが、いざ完成した作品を見ると、私の脳内を遥かに超えたル・オー夫人がいて感動しました!」と話した。

さらに、映画のテーマにちなみ叶えたい夢を聞かれた土屋は「(ジャパンプレミアで)夏木さんにお会いし、今日こうして黒木さんにお会いし、お2人とも素敵な女性で、こんな女性になりたいなと思いました」と目を輝かせた。

最後に黒木が「夢を追いかけている人も今探している人も、この作品を見てハッピーな気持ちになってほしいです。初日の1回目にお越し頂きありがとうございました」とコメント。土屋は「夢に向かって夢を掴むというのは、たくさんのことに気付くということだと思います。この作品では(上手くいかない時の)切なさやきらめきが、スクリーンで味わえます。ぜひ何回も足を運んで楽しんで頂きたいです」と晴れやかな表情で語り、舞台挨拶を締めくくっていた。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(C)2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved./Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./(C) ONGAKUSHUPPANSHA Co.,Ltd./© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved./(C) MOVIE Collection/Copyright(C)Wordleaf Corporation. All Rights Reserved./© 2017 Viacom International Inc. All rights reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。