MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

経済

自民総裁選、「足元と将来」両方みている人は…同友会代表幹事が言及

朝日新聞デジタル - 9月14日(火) 18時15分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 経済同友会の桜田謙悟代表幹事(SOMPOホールディングス社長)は14日の定例会見で、自民党総裁選(17日告示、29日投開票)について「特定の人を応援しているわけではない」としつつ、岸田文雄前政調会長について「今のところ、足元と将来、両方しっかりにらんで(政策を)説明されている」と評価した。
 自民党総裁選には、これまでに岸田氏と高市早苗前総務相、河野太郎行政改革相の3人が立候補を正式表明している。
 経済同友会は、足元の危機対応と、中長期的な社会経済の持続可能性に同時に向き合う「両利きの政治」を進めるように提唱している。こうした観点から、桜田氏は現時点での岸田氏の主張を評価。岸田氏の唱える、政府の感染症対策の権限を強化する「健康危機管理庁」の創設について「危機の時の司令塔をしっかり作ることにおいては(我々と)似た考えだ」とした。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2021 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.