MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

経済

医療現場に吸水ショーツ配布 企業が募金呼びかけ

朝日新聞デジタル - 1月13日(水) 19時30分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 フェムテック商品の販売を手がけるベンチャー企業「フェルマータ」は、医療現場で働く女性たちに生理中に使える吸水ショーツを配るために募金を呼びかけると13日に発表した。配布を希望する医療機関からの申し込みも受け付ける。
 フェムテックは女性が抱える体の悩みを技術を使って解決しようとするもので、高機能の吸水ショーツもその一つ。吸水性の高い生地を重ねたつくりになっていて、吸水後もさらさら感が保たれやすいという。生理用ナプキンの代わりに使う人も増えている。
 新型コロナウイルス感染者の急増で、看護師ら医療従事者からはトイレに行く時間も取れないという声が上がる。フェルマータは、「吸水ショーツを使ってもらうことで生理中のストレスを少しでも軽減してもらいたい」としている。
 吸水ショーツの6ブランドが協力し、1枚あたり通常より安い2500円で提供する。支援は一口2万5千円(吸水ショーツ10枚分)で、13日から20日まで個人や企業などから募る。事前に呼びかけたところ、複数の企業などから計1千枚分の支援金が集まっているという。新たに公募することで、より多くの人に配ることをめざす。フェルマータは「全国には女性の医療従事者がたくさんいる。さらに1千枚分は集めたい」としている。
 募金の申し込みはネットで受け付ける(https://forms.gle/EkZm7H3dwGAWQPZ86)。
 吸水ショーツの配布を希望する医療機関の申し込みもネットで受け付ける(https://forms.gle/ZFSw8J5XPPPWkLH59)。申し込み多数の場合は、コロナ患者の受け入れ状況などをもとに決める。配布は2月上旬を予定している。 問い合わせはフェルマータのメールアドレス([email protected])まで。(細見るい)

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2021 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.