MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

経済

「最初の設計が甘い」赤字の農水ファンド、検証まとめる

朝日新聞デジタル - 8月1日(土) 16時0分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 農林水産省は31日、所管する官民ファンド「農林漁業成長産業化支援機構(A—FIVE)」の事業が失敗した原因を検証した報告書を公表した。農産品の加工、流通、販売を手がける6次産業化の支援組織。赤字続きで、2025年度末の解散が決まっている。
 報告書では、機構設立の段階で投資先の成長率を高く見積もり、人件費や家賃などがかさむ組織になったと指摘。高収益を得ようと投資先を絞り込んで投資実績も伸び悩み、運営費ばかりがかさむ赤字体質になったなどとしている。農水省の担当者は「最初の制度設計が甘かった」と述べた。
 機構は13年の設立から5年間で4千億円の投資をめざしたが、実際は昨年度末で138億円にとどまった。解散時の累積赤字は120億円にのぼる見通し。(高木真也)

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2020 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.