MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

経済

いきなり!ステーキ、2年連続赤字 店同士で客奪い合う

朝日新聞デジタル - 2月14日(金) 20時6分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 ステーキチェーン「いきなり!ステーキ」を運営するペッパーフードサービスが14日に発表した2019年12月期決算は、純損益が27億円の赤字となった。赤字は2年連続。
 売上高は前年比6・3%増の675億円、営業損益は7100万円の赤字(前期は38億円の黒字)だった。
 売上高の8割を占める「いきなり!」は、13年の初出店から約490店まで急速に出店を伸ばしたが、近隣の店舗同士で客の奪い合いが起きたという。このため春までに44店を閉店する方針で、店舗の減損として27億円を計上した。今後は新規出店を抑制し、20年12月期は2300万円の純利益を見込む。(長橋亮文)

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2020 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.