MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

経済

GDP年率1.8%増 4−6月期 個人消費が高水準

朝日新聞デジタル - 8月9日(金) 11時45分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 内閣府が9日発表した今年4~6月期の国内総生産(GDP)1次速報は、物価の変動を除いた実質(季節調整値)で前期(1~3月期)より0・4%増だった。この状況が1年続いたと仮定した年率換算では1・8%増。年率2・8%増だった前期から伸びは鈍化したものの、3四半期連続でプラス成長を維持した。
 内需が全体的に好調で、特に個人消費が大きく伸びた。米中貿易摩擦などの影響で外需は押し下げ要因となったものの、GDP全体は堅調な伸びとなった。
 個人消費は四半期ベースで0・6%増で、3期連続のプラス。2017年4~6月期以来の高水準だった。改元に伴う10連休で旅行する人が多かったほか、自動車や家電などの売れ行きも好調だった。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2019 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.