MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

経済

トヨタ社長が就任10年「企業文化を再構築」 株主総会

朝日新聞デジタル - 6月13日(木) 13時30分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 トヨタ自動車は13日、愛知県豊田市の本社で株主総会を開き、創業家出身の豊田章男社長(63)ら9人を取締役に選ぶ議案などを可決した。2009年6月に社長に就いた豊田氏は、23日で就任から丸10年を迎える。
 株主総会には過去最高の5546人が出席。従来は現金のみだった取締役の報酬に株式報酬枠を設ける議案も可決された。株主からは、高齢ドライバーによる事故への対策や、電動化の戦略などについての質問が出た。
 トヨタは、19年3月期の売上高が国内企業で初めて30兆円を突破。世界販売台数も過去最高水準にある。しかし、電動化や自動運転といった技術革新によって従来のビジネスモデルが通用しなくなる可能性があるとして、移動に関するあらゆるサービスを手がける「モビリティー・カンパニー」への変革を掲げている。
 豊田氏は株主総会で、「モビリティー・カンパニーへのフルモデルチェンジは私の在任期間中にできるものではないと思っているが、『トヨタらしさ』を取り戻すこと、企業文化の再構築は私の代でやりきる覚悟だ」と述べた。(竹山栄太郎)

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2019 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.