MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

経済

少子化でも活気 ランドセル市場は高級路線へ

朝日新聞デジタル - 6月11日(火) 21時6分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 入学式を迎えてから約2カ月。大きなランドセルを背負ったピカピカの1年生たちは、小学校に慣れ始めてきたころかもしれない。そんななか早くも、来春入学する子ども用の「ランドセル商戦」が本格化しているという。百貨店などではゴールデンウィーク前からとりそろえる。就職活動の「シューカツ」ならぬ、「ラン活」という言葉も広まりつつある。
 奈良県橿原市のランドセルメーカー「鞄(かばん)工房山本」は4月7日に売り出したところ、商品によってはキャンセル待ちが続く。1日70個ほどを手作りするが、「ここ数年、注文が増えて追いつかない状況」(担当者)という。
 ニッセイ基礎研究所の推計では、ランドセルの市場規模は2018年が546億円で、08年の405億円から3割拡大した。ランドセル価格の上昇が理由で、メーカーで構成するランドセル工業会によると、19年のランドセルの平均価格は5万2300円で、09年から5割も値上がりした。さらに同会の調査では、ランドセルの代金を支払うのは、61%が祖父母だった。1世帯あたりの子どもの数が減り、入学する「孫へのプレゼント」として定着してきた。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2019 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.