MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

経済

東電グループ初の都市ガス製造設備 自前で供給

朝日新聞デジタル - 11月9日(金) 14時51分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 東京電力グループで初の都市ガス製造設備が先月末に稼働を開始し、8日、報道陣に公開された。姉崎火力発電所(千葉県市原市)内にあり、家庭200万世帯分にあたる年60万トンの都市ガスを供給できる。これまで都市ガス製造を東京ガスに委託していたが、自前の設備による供給も加え、販売増を目指す。
 ガス小売りは昨春に全面自由化され、東電は昨年7月に参入。今年9月末現在、首都圏での家庭向け都市ガス販売は約86万件で、来年度末までに2倍近くの150万件を目指す。担当者は「自前の設備で安定的に供給力を確保し、ガス事業を成長させたい」と話した。
 都市ガスは、燃やしたときの熱発生量が安定するよう、主材料である天然ガスに、LPガスを加えてつくる。(桜井林太郎)

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2018 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.