MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

韓流

歌手フィソン、初の裁判でプロポフォール投薬容疑「大筋で認める」

WoW!Korea - 1月22日(金)17時43分

拡大写真

韓国歌手フィソン(38)が、プロポフォール投薬の疑いで初の裁判に臨んだ中、容疑を大筋で認めた。

テグ(大邱)地裁は22日、麻薬類管理に関する法律違反容疑で検察が在宅起訴した歌手フィソンと知人のA被告に対する公判を開いた中、フィソンは検察の公訴事実について大部分を認めたことがわかった。

フィソンは2019年12月ごろ、プロポフォールを数回にわたり投薬した疑いをもたれている。

キョンブク(慶北)警察庁は昨年4月、フィソンを在宅のまま立件し聴取をおこなった後、起訴相当の意見を付けて検察に送致した。

当時、警察は麻薬関連の情報提供を確認する過程で、フィソンがプロポフォールを購入した状況を掴み、捜査に着手していた。

フィソンの宣告公判は、来る3月9日に開かれる予定だ。

これを前に、フィソンは昨年4月にも2度にわたり睡眠誘導麻酔剤のエトミデートを投薬し倒れているところを発見されたと報じられた。しかし、その際に投薬した薬物は麻薬類ではないことが判明し、立件されなかった。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./Copyrights(C)wowkorea.jp/Copyrights(C)YONHAP NEWS/© NANO association co.,ltd. all right reserved/Copyright © BANGER!!! All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。