MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

韓流

“112広報大使”俳優イ・イギョン、自殺を図った市民を救う

WoW!Korea - 3月26日(木)16時04分

拡大写真

韓国俳優イ・イギョン(31)が自殺を図ろうとした市民を救うため、一役買った事実が遅れてわかった。

イ・イギョンの所属事務所関係者は26日、イ・イギョンが自殺しようとしていた市民を救い、警察に引き渡したとの報道について「本人に確認した結果、そのようなことがあったと聞いた。すぐ目の前で起きたことで、危険に見えてあまり考えずにすぐ飛び込んでいったという」と述べた。

この日、あるメディアはイ・イギョンが去る18日から19日にかけての時間帯、漢南大橋の上で自殺しようとしていた市民を救ったと報じた。この市民は走行中の貨物輸送車に身を投げて自殺を試みた。トラックは停止したが、その後も他の車に飛び込もうと車道に入ったという。

同メディアに、この事実を知らせた情報提供者は貨物輸送車の後ろで車を運転していたイ・イギョンが(車から)降りて現場で泥酔した市民を捕まえようと必死に行動し、その結果、市民を安全に引き渡すことができたと明かした。

一方、イ・イギョンは昨年11月、警察庁が開催した「62周年112の日」記念式で、112広報大使に任命された。当時、彼は「僕にこのような光栄な場をくださり本当に感謝している。美しく平和な韓国のために、僕も積極的に貢献する」と広報大使に任命された心境を伝えていた。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./Copyrights(C)wowkorea.jp/Copyrights(C)YONHAP NEWS/© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved./Copyright © BANGER!!! All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。