MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

韓流

旧正月映画「MR.ZOO」でキム・ジョングクの「一人の男」を熱唱する虎の“中の人”はユーチューバー

WoW!Korea - 1月27日(月)22時59分

拡大写真

韓国では旧正月を迎え家族がともに楽しむことができる温かい映画として口コミを集めている「MR.ZOO:消えたVIP(以下、MR.ZOO)」が男性ソロ歌手キム・ジョングクのヒット曲「一人の男(One Man)」を歌う虎として話題を集める中、その声の主人公を公開した。

映画「MR.ZOO」の中で話題の「一人の男」を歌う虎がついにベールを脱いだ。ティザー予告編の公開当時最も熱い反応を呼び起こしていた「一人の男」を歌う虎の主人公は、その名もユーチューバー「息子2のパパ“チョ・ジュノ”」さん。予告編の公開当時オンラインにオリジナルのキム・ジョングクをキャスティングしたのではないかという反応が起こるほど完ぺきな歌マネを披露したチョ・ジュノさんは「MR.ZOO」のスタッフが直々にキャスティングした。

当時「一人の男」を熱唱する虎という設定のためにキャスティングにふさわしい声の持ち主を探していたスタッフはYouTubeにアップされていたチョ・ジュノさんの「一人の男」のカバー映像を発見しオリジナルと100パーセント一致するシンクロ率にとてもびっくりし、まずキャスティングの提案をしたという。

時々YouTubeに歌のカバー映像をアップしていたチョ・ジュノさんは「初めはスタッフの提案が信じられないほど驚いたが、誇らしくうれしい気持ちで参加した」と本人の声が盛り込まれたティザー予告編が公開された時は「予告編に私の声が出たので本当に不過ぎで気分がよかった。2人の息子も父親の燃えで虎がシャウトする姿を見て、ずっと笑っている」と感想を明かした。

また「子どもたちと家族たちが一緒に笑って観ることができる映画なので、全年齢層に面白さと感動を与えるものと確信している。旧正月の連休にぜひ家族や友人たちが『MR.ZOO』を観て楽しい時間を過ごせたら幸いだ」と述べ、温かい家族映画への愛情と声援を忘れなかった。

話題の「一人の男」の虎役を公開し注目を集めている旧正月の連休、家族がともに楽しむギフトセットのような映画「MR.ZOO」は国家情報局のエース要員テジュが突然事故であらゆる動物の言葉が聞き取れるようになり繰り広げられる事件を描いた。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./Copyrights(C)wowkorea.jp/Copyrights(C)YONHAP NEWS/© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved./Copyright © BANGER!!! All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。