MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

韓流

「TWICE」、ニューアルバム「Feel Special」ハイライト音源を最速公開…ファンの愛へ“アンサーソング”も

WoW!Korea - 9月21日(土)11時04分

拡大写真

ガールズグループ「TWICE」のニューアルバム「Feel Special」のハイライト音源が公開された。

23日に8枚目のミニアルバム「Feel Special」と同名のタイトル曲でカムバックする「TWICE」はさまざまなティザーコンテンツたちをリレー形式で公開しカムバックへの期待を最高潮に導いてきた。

本日21日の午前0時にはタイトル曲「Feel Special」を含む「RAINBOW」、「GET LOUD」、「TRICK IT」、「LOVE FOOLISH」、「21:29」そして日本での5枚目のシングル「BREAKTHROUGH」の韓国語バージョンまで、合計7トラックの新曲ハイライト映像をオープンした。

映像には新譜コンセプトが収められたティザーイメージたちとともに各トラックのイントロ音源が盛り込まれ、原曲に対する関心を増幅させた。

タイトル曲「Feel Specia」はJYPのトップ、パク・ジニョンが「TWICE」と率直な話を交わした後に作曲した楽曲だ。「TWICE」がデビュー後今までつらかった瞬間の数々を乗り越えて感じた感情がこの楽曲のインスピレーションとなった。

パク・ジニョンは「暗い心のトンネルに巡りあった時、大切な人たちが届ける胸いっぱいの瞬間」を描きながら楽曲を書き下ろした。「TWICE」もまた「誰かの温かい一言でまた立ち上がることができることを願う気持ち」を込めて歌った。

「TWICE」のヒット曲「KNOCK KNOCK」、「What is Love?」に参加したイ・ウミン(collapsedone)がクレジットに名を連ね“12連続ヒット”に勢いを加えた。

2トラック目の「RAINBOW」はナヨンが単独で作詞を務め自身の価値を探し求めるというメッセージを伝える。「GET LOUD」はトレンディなリズム感が引き立つダンス曲でジヒョが作詞に参加し強烈な警告のメッセージを投げかける。

また「TRICK IT」はダヒョンが初めて作詞に挑戦し「大切な人の幸せのために時にはは甘い嘘をつく必要なある」というテーマを解明した。「防弾少年団」の「Boy With Luv」を作ったMelanie Fontana(メラニー・ジョイ・フォンタナ)の参加で完成度を高めた。

モモが作詞に名を連ねた「LOVE FOOLISH」は複雑で微妙な愛の感情を官能的かつ誘惑的なメロディーで溶かし耳をとらえる。

6トラック目の「21:29」は穏やかなメロディーに「TWICE」のメンバーたちの感性的なボーカルが調和した楽曲。ファンたちがくれる愛に対するアンサーソングで全メンバーが作詞に参加し意味を最大化した。

最後のトラックとなる「BREAKTHROUGH」は日本での5枚目のシングルのタイトル曲を韓国語バージョンに再誕生させた。

「TWICE」の8枚目のミニアルバム「Feel Special」は23日の午後6時から各種音楽配信サイトを通じて公開される。発売当日の午後8時にはNAVERのV LIVEを通じて「TWICE SHOWCASE “Feel Special”」と題してONCE(グループのファンダム名)と会う予定だ。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./Copyrights(C)wowkorea.jp/Copyrights(C)YONHAP NEWS/© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved./Copyright © BANGER!!! All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。