MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

韓流

人気長寿バラエティ番組「1泊2日」、“チョン・ジュンヨン事件”で国民請願にまで登場

WoW!Korea - 3月15日(金)23時24分

拡大写真

韓国歌手チョン・ジュンヨン(30)が、性行為の映像を盗撮および流布の波紋が放送界にまで大きく影響を及ぼしている。

チョン・ジュンヨンがレギュラー出演していたKBSの人気長寿番組「ハッピーサンデー—1泊2日」シーズン3(以下、「1泊2日」)が、放送および制作を当分の間中止することを決定した。VODサービスも中止されている中、番組を完全に廃止しろと国民請願にまで掲載され始めた。

KBS側は15日、「KBSは、最近、盗撮や流布容疑で捜査されている歌手チョン・ジュンヨンを全ての番組から出演停止させたのに続き、当分の間、『1泊2日』の放送および制作を中止することに決めました」と明らかにした。現在、VODサービスも中止している。

楽しみにしてくれている視聴者を考慮して、2回分の放送の撮影分から歌手チョン・ジュンヨンが登場する部分を完全に削除して、編集した後に放送する案を検討したが、事案の厳重さを認識し、全面的な番組整備のためにこのように決定したと説明した。

チョン・ジュンヨンは2015年末から10人の女性との性行為を盗撮して流布した容疑がかけられている。14日には性暴力犯罪の処罰などに関する特例法違反(カメラなどの利用撮影)容疑で被疑者として警察に出頭し、取り調べを受けた。

「1泊2日」は2007年に放送開始し、12年を迎える長寿バラエティ番組で、番組を中断するしかなかった背景には、チョン・ジュンヨンの盗撮騒動が今回が初めてではないからだ。

チョン・ジュンヨンは2016年10月に元交際相手の女性から告訴された。身体の一部を撮影した容疑だ。当時、チョン・ジュンヨンはお互いに同意の上で撮影をしたと主張し、携帯電話が故障したとして検察に提出しなかった。元交際相手の女性は告訴を取り下げ、検察が嫌疑なしの処分を下した。

チョン・ジュンヨンはこのように嫌疑なしの処分で放送に早く復帰した。その中に「1泊2日」も含まれていた。KBS側はこれに関して「3年前に類似の騒動があったにも関わらず、捜査当局の嫌疑なしという決定を機械的に受け入れ、十分な検証をできないまま出演再開を決定した点についても重い責任を感じております」と明らかにした。

何より視聴者は「1泊2日」がリアルバラエティ番組だという点、チョン・ジュンヨンが5年も出演してきたという点で、更なる厳重な責任を問うている。大統領府ホームページの国民請願には、「1泊2日」を廃止させてほしいという内容の多くの文章が掲載されてきている。

「1泊2日」の代わりに当分の間は代替番組が編成される。KBSは今後同じようなことが再発しないよう、出演者の検証システムを強化するなど根本的な対策を講じるという方針だ。番組には多くの人が動員される。そのため共同体で活動しているということを出演者も気づくべきだ。自分の過ちがこのように多くの人に被害を及ぼす可能性があるという認識が必要なのだ。番組制作陣も出演陣をどこまで検証し、管理すべきなのかについて悩み、重い責任を改めて感じることとなった。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./Copyrights(C)wowkorea.jp/Copyrights(C)YONHAP NEWS/© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。