MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

韓流

【イベントレポ】「MYNAME」チェジン、セヨン、ジュンQ、「2018韓国観光フェスティバル」で韓国の魅力をPR

WoW!Korea - 6月13日(水)23時40分

拡大写真

「韓国再発見 #だけじゃない韓国」をテーマに、最新の観光情報、グルメや文化などの体験コーナーや、K-POPライブ、トークショーなどのステージを通して、韓国の魅力を体感できるイベント「2018韓国観光フェスティバル」が、6月12日(火)、13日(水)の2日間、東京・東京ドームシティプリズムホールにて開催された。

13日は、イベント開始まもなく始まったK-POP公演に、「MYNAME」のチェジン、セヨン、ジュンQが出演。パフォーマンスでは会場を盛り上げ、トークでは韓国の魅力を存分に伝えた。

チェジン、セヨン、ジュンQが登場すると、「タンマレ」がスタート。ファンの掛け声もそろい、会場は瞬く間に熱くなった。

「久しぶりです、『MYNAME』のチェジンです!よろしくお願いします」、「久しぶりです、『MYNAME』ジュンQです」と続く中、セヨンは「アンニョンハセヨ、MYNAMEセヨンイムニダ」と韓国のイベントということで韓国語であいさつ。

MCの古家正亨がイベントには来られなかったコヌ、インスに変わって自己紹介すると、セヨンが「末っ子も成長したし、3人で活動できるんじゃないかな。2人はいらないんじゃないかなと(笑)」と冗談を言い、ジュンQは古家の肩に掛けられていた、コヌ、インスのタオルを自分のポケットにしまい出すというコンビプレーで会場を笑わせた。

セヨンは「韓国活動より日本活動が多くて、日本人か韓国人か、わからない時もあったんですけど、さっき分かりました!僕は韓国人です。韓国を宣伝しに来ました!みなさん、韓国にたくさん来てください!」と早速韓国をPR。

日本活動も長く、日本が上手なメンバーたちに、古家が「日本語ベラベラだよね」と振ると「いやいや、まだまだです」と謙遜するセヨンに対し、チェジンは「はい」と一言。
セヨンは「『はい』じゃなくて!言ったじゃん、こういう時は、『そんなことないです』って」と囁くも、チェジンは「ベラベラですよ」と正直に答え、再び笑いを誘った。

韓国のおすすめポイントをチェジンは韓定食が味わえる、清潭洞(チョンダムドン)にある「トダムコル」を紹介。「日本で1か月くらい活動して韓国に戻ったら、毎日行きます」というほど気に入ってる様子。するとセヨンは「結構高いよ。1人3千円だよ」とツッコみ、「セットで魚とかお肉とかスープとかいっぱい出るので量としては安いと思いますけど、僕ご飯で3千円は使わないですよ。すき家で500円でいいよ」と、韓国観光フェスティバルらしからぬ発言で会場を笑わせた。

ジュンQは「最近チェジンと食べたところがあります。めっちゃ美味しかったです」と「イェンナルチッ」というお店について話すと、またしても「あそこは1人1500円くらいするよ。食べ物は家で辛ラーメンでいいよ」と金額を気にするセヨン。

食べ物には興味がないというセヨンは「僕は実家が釜山なのですが、釜山は海があるし砂浜もあるし、刺身が美味しいし、麺も有名だし。テジクッパは僕大好きなんですよ。しかも500円で安いし!(笑)。美味しいんですよ!釜山は地方だから人情があつくて、いいところだと思います!海がすぐ見えるカフェもあって。でも高い!」と釜山の魅力を伝えるも、あくまで安さ重視のセヨンに会場は笑いに包まれた。

今後の活動について、「ソロ活動よりチームの活動が多くなります。みなさんにまだ発表してないこともたくさんあります」としながら、イベント出演や、デビュー6周年ファンミ、ニューアルバムなどを告知。そして、セヨンは「こんなに仕事ができるのも、本当にファンのみなさんのおかげだと思います」と感謝を表した。

さらに「韓国的な建物がソウルにもたくさんあるし、買い物も安く買えるし、日本語がペラペラなアルバイトさんもいっぱいいるし(笑)。2時間で行けて、簡単に旅行できるので、日本にとっても韓国にとってもうれしいことじゃないかなと思います。韓国にたくさん来てください!」と韓国の魅力をアピールした。

続いては、「盛り上がっていきましょう!みなさん、聞いて聞いて!」とセヨンの声に、ファンは「聞く聞く~」と応えるお決まりの掛け合いで、「summer party」が始まった。手を挙げたり、コールアンドレスポンスでファンも一緒に声を出したりと、会場一体となって盛り上がった。

「明日またスケジュールの発表があるので、期待してください!」と期待を高めると、3人そろって可愛らしいポーズをとりながら「みなさん、たくさん韓国に来てね!」と呼びかけ次の曲へ。

ラスト曲の「we made it」でさわやかに、伸びやかな歌声を披露すると、ファンも一緒にタオルを回し、笑顔でステージを終えた。最後に、「アルバム準備しているので、楽しみにしてください!」(チェジン)、「今回のアルバムも、よろしくお願いします」(ジュンQ)、「イベントも楽しんでください!韓国も楽しめる場所が多いので、ぜひ韓国にたくさんたくさん来てください。僕たちも日本にたくさんたくさん来るから!これからもみなさんのために、韓国のために、日本のために頑張る『MYNAME』になります!ありがとうございました」(セヨン)とそれぞれ、メッセージを伝えた。

進行のためステージに残る古家に「このMCは俺もやれるよ」とセヨンが捨てゼリフを残し去っていくと、会場は最後まで笑顔が溢れた。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./Copyrights(C)wowkorea.jp/Copyrights(C)YONHAP NEWS/© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。