MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

韓流

「SF9」、日本ファンクラブ発足イベントを開催! 超レアな着ぐるみ姿も披露しファンとお祝い

WoW!Korea - 1月22日(月)11時03分

拡大写真

9人組韓国ダンスボーイズグループ「SF9(エスエフナイン)」が、1月19日、東京・ZEPPダイバーシティ東京で「SF9 OFFICIAL FANCLUB LAUNCHING PARTY ~The Beginning of Fantasy World~」を開催した。これは昨年6月に日本デビューを果たした「SF9」の日本公式ファンクラブ“FANTASY JAPAN”発足を記念し、ファンクラブに加入した会員を無料招待したイベントで、ライブはもちろん、トークやゲーム、ファンが参加するコーナーなど充実した内容で、予定終了時間を30分以上もオーバーする盛り上がりを見せた。

本編前にまず、オープニングアクトとしてSF9のカバーダンスチームが2組登場。日本1stアルバム「Sensational Feeling Nine」リリースを記念して中高生に人気の動画コミュニティ”MixChannel”で開催されたアルバムリード曲「僕の太陽 ~O Sole Mio~」ダンスコンテストの優勝チームSWITCH & KPOP学園が「ROAR -Japanese ver.-」で躍動感あるパフォーマンスを披露した後は、スペシャルゲストとしてよしもと若手カバーダンスチームSY9(センセーショナルよしもとナイン)が登場し、「僕の太陽 ~O Sole Mio~」をオリジナル演出で披露し、会場を沸かせた。

すっかり温まった会場にオープニング映像が流れると、ファンの期待も高まる。大きな歓声の中、柔らかなドレープの衣装で「SF9」の9人のメンバーが現れると、まずは12月13日にリリースされたばかりの日本1stアルバム「Sensational Feeling Nine」のリード曲「僕の太陽 ~O Sole Mio~」で幕が上がる。このラテンポップを取り入れた甘く切ない楽曲では、衣装のドレープが闘牛士や騎士のマントのような役割をし、ダンスを引き立てる。

リーダーのヨンビンが「『SF9 OFFICIAL FANCLUB LAUNCHING PARTY ~The Beginning of Fantasy World~』にようこそ!」とあいさつをすると、「今日はFantasy(ファン)とSF9だけの時間です。一緒に“Fantasy World”おめでとうと言いましょう!」とチャニが提案。メンバーとファンが一緒に「おめでとう」の言葉でファンクラブ結成を祝った。

また、「この日を心待ちにしていました」(インソン)、「たくさんの人に近い距離で会えてうれしいです」(テヤン)など、メンバーたちが口々に気持ちを伝えたが、「もうすぐ新しい曲で活動します。期待してください!」(フィヨン)と韓国でのカムバックも予告され、ファンも大興奮。

あいさつが終わると「いくぞー!」という気合と共に「ROAR -Japanese ver.-」を熱唱すると、その気合につられるようにファンコールの大きな声が上がる。メンバーたちの息も整わないうちに続けざまに風車をかたどったダイナミックなイントロのダンスが特徴的な「K.O. -Japanese ver.-」を披露。メロウな「Easy Love -Japanese ver.-」では、メンバー各人がそれぞれ自分のパートでアピールをするなど、日本での単独公演はもちろん、バンコク、マニラ、シンガポール、台北、香港などアジア5都市での「2017 SF9 BE MY FANTASY ASIA FAN MEETING TOUR」、ダラス、シアトル、ボストンなどアメリカ3都市での「2017 SF9 BE MY FANTASY IN USA」など海外ファンミーティングツアーや、世界各地で開催されるイベントでライブの経験を積んできた彼らだけに、韓国デビューからわずか1年ではあるがライブ運びに余裕が感じられる。

ゲームコーナーでは、ヨンビンがシマウマ、ジュホがサル、ロウンがひつじ、フィヨンがカエル、チャニがコアラ、ダウォンがカメレオン、テヤンがオオカミ、ジェユンがゾウ、インソンがカンガルーの着ぐるみ姿で登場し、先ほどまでのカッコいいパフォーマンスとは違うかわいらしさにファンも大喜びの様子。

スピードクイズでは、「仲のいいメンバーは?」、「好きな女性の仕草を見せて」などファン熱狂の質問が満載だったが、「尊敬している先輩は?」という質問に「CNBLUE先輩!」と事務所の先輩を挙げたインソンが「CNBLUE」の韓国曲「サランピ」を歌うと、会場のファンも大合唱するという場面も見られた。また、2択で質問に答えるコーナーでは、会場のファンからの「生まれ変わったら男がいい?女がいい?」という質問にテヤンが、「女性に生まれ変わってメンバーと付き合いたい。最近ジェユンくんが魅力的。2人きりで映画を見に行きたい」と言って会場を沸かせたり、「女の子の髪型は、ロングとショートどっちが好き?」といった質問に次々と答えた。ゲームコーナーでは、3チームに分かれて対決。高速ジェスチャーゲームや足ツボマットの上で縄跳びをするなど、身体を使ったゲームに挑戦。敗者となったヨンビン、ダウォン、チャニは、罰ゲームとして自分の名前を尻文字で披露し、ファンから大喝采をあびた。また、1月17日に18歳の誕生日を迎えたばかりのチャニの誕生日をファンと一緒に「Happy Birthday」の歌で祝うという暖かいシーンも見られた。

普段から日本語を猛勉強しているメンバーたち。このコーナーでは、つたないながらも全員が日本語で一生懸命回答したが、台本ではない言葉や、臨機応変に出てくるアドリブトークなども日本のファンと触れあいたいという真摯な気持ちが伝わったし、韓国のバラエティ番組で活躍しているロウンやダウォンを中心に場を上手く仕切ったり、全力でわいわい、わちゃわちゃしている姿は、メンバーたちの仲の良さを印象付けた。

最後は赤と黒を基調としたカジュアルな衣装に着替え、チャニがアクロバティックなパフォーマンスを見せる「Jungle Game -Japanese ver.-」をパフォーマンス。最後にダウォンとチャニがふたりで大きなハートマークをファンに贈った。ラストは日本デビュー曲の「Fanfare -Japanese ver.-」で締めくくったが、会場のファンからもひときわ大きなコールが上がり、「今日は楽しい時間が過ごせました。これからももっとハイクオリティなパフォーマンスでみなさんと楽しみたい」(ヨンビン)、「今年も頑張ります!」(テヤン)と、今年の日本活動にかける意気込みでイベントを締めくくった。

日本ではデビューから半年で2枚のシングルとアルバムを1枚リリースするという精力的な活動を行った。日本はもちろん、本国韓国や世界各国でもその人気は確実に上がってきている。間もなく韓国で新曲をリリースするというSF9。毎回インパクトのある新曲を披露してくれている彼らだけに、その新曲、そして次の日本活動への期待が高まる。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./Copyrights(C)wowkorea.jp/Copyrights(C)YONHAP NEWS/© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。