MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

海外

『デスパレートな妻たち』マーシア・クロス、『ジェーン・ザ・ヴァージン』スピンオフに出演

海外ドラマNAVI - 3月14日(木) 21時10分

拡大写真

大ヒットドラマ『デスパレートな妻たち』のブリー・ホッジ役で知られるマーシア・クロスが、米CWの人気コメディシリーズ『ジェーン・ザ・ヴァージン』のスピンオフに出演することがわかった。米Deadlineが報じた。

【関連記事】"バン・デ・カンプ家"終了から5年!『デスパレートな妻たち』の出演者は今?

スピンオフドラマ『Jane the Novela(原題)』は、本家の主人公ジェーン(ジーナ・ロドリゲス)が執筆した架空の小説を基に、ソープドラマにインスパイアされたアンソロジーシリーズになるだろうと伝えれられている。オリジナル版のキャラクターは劇中には登場しないが、ジーナがナレーターを務める。

本家で脚本&共同製作総指揮を担ったヴァレンティナ・ガーザがスピンオフでもペンを執り、オリジナルのクリエイター、ジェニー・スナイダー・アーマンとベン・シルヴァーマン、ブラッド・シルバーリングが、ジーナとガーザと共同製作総指揮に名を連ねている。シルヴァーマンはパイロットで監督も務める。

第1シーズンの舞台はカリフォルニア州ナパ・バレーのぶどう園。平穏に暮らしていた新進気鋭のアートクリエイターのエステラは、あるショッキングな秘密によって生活が一変し、二重生活を送ることを余儀なくされる。

スピンオフには、本家の設定が反映されており、主人公エステラは恋人ルンとリッチでハンサムな男性フェリックスの間で揺れるラテン系の20代女性。フェリックスは母親のレナータとワイナリーを共同所有している。

マーシアが演じるのはレナータで、たとえ息子の幸せを邪魔することになったとしても、彼の遺産を守るために手段を選ばない人物だという。エステラを演じるのはジャクリーン・グレース・ロペス(『East Los High(原題)』)。

本家『ジェーン・ザ・ヴァージン』のファイナルシーズンは、米CWにて3月27日(水)より放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:マーシア・クロス
(c)PF/FAMOUS

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./Copyrights(C)wowkorea.jp/Copyrights(C)YONHAP NEWS/© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。