MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

海外

【ネタばれ】『エージェント・オブ・シールド』マック役ヘンリー・シモンズが、今後の展開を語る

海外ドラマNAVI - 12月6日(木) 21時30分

拡大写真

(※本記事は『エージェント・オブ・シールド』シーズン5最終話までのネタばれを含みますでご注意ください)

大ヒット映画『アベンジャーズ』の後の世界を描くスピンオフドラマ『エージェント・オブ・シールド』。国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.の活躍を描き、すでにシーズン7(全13話構成)の更新が決まっている本シリーズ。一足先に来夏放送されるシーズン6(全13話構成)では、新たな展開を迎える。

【関連記事】『エージェント・オブ・シールド』シーズン6の放送を前に、シーズン7へ更新!

シーズン5の終わり、フィル・コールソン(クラーク・グレッグ)は自分の人生のためにタヒチへ向かった。そして、アルフォンソ・"マック"・マッケンジー(ヘンリー・シモンズ)は、デイジー・"スカイ"・ジョンソン/クェイク(クロエ・ベネット)からチームの指揮を託された。

しかし、シーズン2で初登場したマックは、当初メカニック担当としてチームに加わっており、その彼が指揮官になる準備が整っているのだろうか。米TV Lineがそんな疑問をヘンリーにぶつけた。「個人的に、S.H.I.E.L.D.の指揮官という挑戦は気に入っているよ。これまでマックはみんなと並んで仕事をしてきたが、指揮官という仕事は今の彼のためになるはずだ。(リーダーになっても)チームの一員であることに変わりはないから」と前向きな見解を述べた。

ところが、「でも...」と続けるヘンリー。「マックのリーダーとしての能力を妨げかねないのが、彼の考え方で、自分の大切な人たちに危ないことをさせたくないという気持ち」と、マックの弱点も指摘。「結果としてこの考えは、リーダーとしてのマックに最も厳しい決定をさせることになるかもしれない。どんな犠牲が出るだろうか?」と、今後のチームの展開に含みをもたせた。

新リーダー"マック"の活躍が気になる『エージェント・オブ・シールド』シーズン6は、2019年夏に放送スタート。

『エージェント・オブ・シールド』を見て視聴記録をチェック!

(海外ドラマNAVI)

Photo:『エージェント・オブ・シールド』マック
(C) ABC Studios & Marvel

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./Copyrights(C)wowkorea.jp/Copyrights(C)YONHAP NEWS/© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。