MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

海外

『ウォーキング・デッド』新作スピンオフ、シリーズ化が決定

海外ドラマNAVI - 10月13日(水) 20時0分

拡大写真

ファイナル・シーズンの日本での配信開始を目前に控える大ヒットサバイバル・ヒューマンドラマ『ウォーキング・デッド』。その新作スピンオフ『Tales Of The Walking Dead(原題)』のシリーズ化が決定した。米Deadlineが伝えている。

以前より『Tales Of The Walking Dead』のパイロット版としての製作は報じられていたが、この度正式なシリーズ化が発表された。アンソロジーシリーズになる本作は、『ウォーキング・デッド』の世界を舞台に、おなじみのキャラクターや、他のスピンオフに登場する新たなキャラクターをピックアップしてフォーカスし、1話およそ1時間で、そのキャラクターの物語を描いていくという。

『ウォーキング・デッド』とスピンオフ第1弾の『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』でプロデューサーと脚本を務めたチャニング・パウエルが『Tales Of The Walking Dead』でもショーランナーを務め、同じくウォーキング・デッドユニバースに欠かせないスコット・M・ギンプルも携わる。

来年夏にAMC+での配信、AMCでの放送開始を目途に、来年初めから制作に着手する予定とのこと。シーズン1は全6話構成になりそうだ。

「『ウォーキング・デッド』はテレビ界に歴史を打ち立て、情熱的なファンを魅了しました。」と話すのはAMCスタジオのオリジナル・プログラミング部門で社長を務めるダン・マクダーモット。さらに「アンソロジー形式の『Tales Of The Walking Dead』は、既存のファンを楽しませる柔軟性をもたらすのはもちろん、特に配信においては、新たな視聴者にも入りやすいきっかけを作ることでしょう。『トワイライト・ゾーン』『ブラック・ミラー』など、アンソロジーの魅力は目にしてきましたし、新たな方法でファンと共に、この世界観を楽しめることに興奮しています」と語った。

ギンプルは「『Tales Of The Walking Dead』は新たな声、視点、アイデアを取り入れ、いまだかつてない方法で物語に息を吹き込みます。チャニングの相談役になれて、とても興奮しているし、最高のファンの皆様のために、ヴィジョンを現実化するためにできる限りのことをします」とコメント。対しパウエルは「はじめはただの『ウォーキング・デッド』ファンとしてはじまり、今では最も個性的なスピンオフになるであろう作品のショーランナーというところまで来ました。信じられないような話ですが、AMCや私を支えてくれた皆さんに感謝しています」とコメントした。

『ウォーキング・デッド』のファイナル・シーズンとなるシーズン11は3部構成で、第1部が2021年10月27日(水)にディズニープラスにて日本配信開始。第2部は2022年2月20日より本国アメリカでオンエア予定。『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』はシーズン7が、『ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド』も完結編となるシーズン2が本国で放送中。加えて、ノーマン・リーダス演じるダリルとメリッサ・マクブライド演じるキャロルを主人公にしたスピンオフも製作進行中だ。(海外ドラマNAVI)

Photo:AMC『ウォーキング・デッド』公式Twitterより
 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./Copyrights(C)wowkorea.jp/Copyrights(C)YONHAP NEWS/© NANO association co.,ltd. all right reserved/Copyright © BANGER!!! All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。