MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

海外

『LAW&ORDER』新スピンオフドラマが頓挫...別のシリーズを開発へ!?

海外ドラマNAVI - 7月22日(木) 13時0分

拡大写真

米NBCの犯罪捜査ドラマ『LAW&ORDER』シリーズの新スピンオフになるはずだった『The Law & Order For the Defense(原題)』の製作が頓挫したことが明らかとなった。米TV Lineが報じている。

今年5月に製作が発表された『The Law & Orde For the Defense』は刑事弁護事務所の内部を描く法律ドラマで、刑事司法制度とともに弁護士たちの様子が細かく描かれ、現代のモラル・ストーリーが展開されるはずだった。

なぜ、新スピンオフの製作がキャンセルとなったのか理由は不明だが、NBCはユニバーサル・テレビジョンと、『LAW&ORDER』フランチャイズでクリエイターを務めるディック・フルフのウルフ・エンターテイメントと協力し、別の『LAW&ORDER』シリーズを開発する予定だという。

『For the Defense』ではウルフとキャロル・メンデルソーン(『CSI:科学捜査班』)が指揮を執り、二人とともにアーサー・W・フォーニー(『シカゴ・ファイア』)、ピーター・ジャンコウスキー(『シカゴP.D.』)、ジュリー・ワイツが製作総指揮に名を連ねていた。

『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』はシーズン22に、シーズン12で降板したエリオット・ステイブラー刑事役のクリストファー・メローニがカムバック。復帰エピソードをバックドア・パイロットに、今年4月にステイブラーを主人公にしたスピンオフドラマ『Law & Order: Organized Crime(原題)』の放送がスタートし、すでにシーズン2への更新が決定している。

『Organized Crime』は、ニューヨーク市警に復帰したステイブラーが国際的な組織犯罪を撲滅するため、特別部隊とともに奔走する姿が描かれる。クリストファーの他には、ディラン・マクダーモット(『アメリカン・ホラー・ストーリー』)、タマラ・テイラー(『BONES』)、ダニエル・モネ・トゥルート(『Deputy(原題)』)、シャーロット・サリヴァン(『ルーキーブルー 〜新米警官 奮闘記〜』)、ニック・クリーガン(『David Makes Man(原題)』、ベン・チェイス(『トランスペアレント』)、ジェイリン・フレッチャー(『スノーピアサー』)、インズリー・シジェらが出演している。

NBCとウルフが計画しているという新しいシリーズについて情報が入り次第、お伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』© 2019 Universal Network Television LLC. All Rights Reserved.
 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./Copyrights(C)wowkorea.jp/Copyrights(C)YONHAP NEWS/© NANO association co.,ltd. all right reserved/Copyright © BANGER!!! All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。