MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

海外

『ビバヒル』ジェイソン・プリーストリー降板を後悔「ケリーのために残るべきだった」

海外ドラマNAVI - 1月22日(金) 18時0分

拡大写真

1990年代に社会現象を巻き起こした青春ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』(以下『ビバヒル』)で、主人公ブランドン・ウォルシュ役てブレイクしたジェイソン・プリーストリー。途中で本作を降板していたが、そのままファイナルまで残っていればよかったと後悔していることを告白した。米Cheatsheetが報じている。

現在51歳のジェイソンだが、今でも『ビバヒル』は彼の代表作であることは間違いない。だが彼はシーズン10まで続いた本作のシーズン9第5話「さらばL.A.よ!」で降板。ジェイソンは2014年の英The Guardianでのインタビューで、その時の撮影の様子を以下のように話している。

「朝の最初のシーンを演じた。それが終わってスタッフと抱き合って、荷物を持って、車に乗って走り去ったよ。送別会も何もなかった。人生の9年間を無駄にしたような気がした」

ブランドンはジャーナリストとしての仕事に就くためにロサンゼルスを去るという設定で終わっていた。だがブランドンとしては降板したジェイソンだが、2000年のシリーズフィナーレまで製作総指揮として本作に関わっていた。

「ブランドンというキャラクターは、もう限界だと感じていたんだ。彼と一緒に人生を探求したいと思っていたけど、それを全てやりつくしてしまったから」と同年、CNNに明かしていた。

だがそれと同時に、こうも話している。「振り返ってみると、辞めたことを後悔している。今の私の考えるストーリーとキャラクターの見解では、(クリエイターの)アーロン・スペリングは最後にブランドンとケリーが一緒になって終わる方向のストーリーにしていたと思う。だから、最後までブランドンとしてその結末を叶えるべきだったのだろうとね」

結果的にブランドンが去った後主人公となったケリーはディラン(ルーク・ペリー)と結ばれて終わることになる。

もしブランドンが残っていれば、『ビバヒル』の結末は大きく変わっていたのかもしれない。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ビバリーヒルズ高校白書』(C)90-91 CBS Paramount International Television
 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./Copyrights(C)wowkorea.jp/Copyrights(C)YONHAP NEWS/© NANO association co.,ltd. all right reserved/Copyright © BANGER!!! All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。