MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

海外

『ゲーム・オブ・スローンズ』エミリア・クラーク、架空の言語で行ったスピーチは即興だった!

海外ドラマNAVI - 12月3日(木) 12時0分

拡大写真

米HBOの大ヒット大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』でデナーリス・ターガリエンを演じたエミリア・クラークが、架空の言語でスピーチを行うシーンを即興で演じていたことが明らかとなった。米Entertainment Weeklyが報じている。

『ゲーム・オブ・スローンズ』のキャストやスタッフが明かした製作秘話をまとめた著書「Fire Cannot Kill a Dragon: Game of Thrones and the Official Untold Story of the Epic Series(原題)」で、エピソード監督を務めたジェレミー・ポデスワが、エミリアが演じたデナーリスにまつわる裏話を披露している。

第5章第5話「"壁"の決断」のエピソードには、デナーリスが自分を裏切ろうとしたミーリーンの貴族たちに向けて、架空の言語であるヴァリリア語で長々と語るシーンがあるのだが、当初は脚本に書かれていた通り、エミリアはそのセリフを英語で言っていた。

しかし、そのシーンを見たクリエイターのデヴィッド・ベニオフとD・B・ワイスが、「ヴァリリア語だったら、もっと良くないかな?」と提案。ポデスワも良いアイディアだと賛同したが、同作に登場するヴァリリア語やドスラキ語は本来、何カ月も前から言語学者によって準備されている。さらに、演じる俳優がその架空の言語を暗記し、練習するためにかなりの時間を必要とすることは言うまでもない。

それでもダメもとでポデスワがエミリアに、「大変な頼み事だとは承知しているが、ここのセリフをヴァリリア語で言ってもらえないかな?」と聞いてみると、「ええ、できると思うわ」という答えが返ってきたという。そしてエミリアは、それまでにデナーリスのセリフに出てきたヴァリリア語を10分ほどでまとめ、長い独白のシーンを完全に演じ切ったとのこと。


「英語字幕なしでもデナーリスが何を言っているかが分かった」と、エミリアの力量に感銘を受けたポデスワは「脱帽した」と語っている。

なお、『ゲーム・オブ・スローンズ』については、原作となった「氷と炎の歌」シリーズの著者ジョージ・R・R・マーティンが2018年に出版した外伝、「Fire & Blood(原題)」を下敷きにしたスピンオフ『House of the Dragon(原題)』の製作が進行中だ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』 Game of Thrones © 2016 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and related service marks are the property of Home Box Office, Inc. Distributed by Warner Bros. Entertainment Inc.
 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./Copyrights(C)wowkorea.jp/Copyrights(C)YONHAP NEWS/© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved./Copyright © BANGER!!! All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。