MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

海外

『ウィッチャー』ヘンリー・カヴィル、あの大スターの影響で自分でスタントをこなす

海外ドラマNAVI - 6月29日(月) 20時0分

拡大写真

アンドレイ・サプコフスキ原作のファンタジー同名小説をドラマ化したNetflix『ウィッチャー』で主人公ゲラルトを演じるヘンリー・カヴィルが、共演したあの大スターの影響により、「自分でスタントをこなしている」と明かした。

俳優が俳優にインタビューを行う米Varietyの企画「Actors on Actors」でヘンリーが、米CBS All Accessの『スター・トレック:ピカード』で約20年ぶりにシリーズにカムバックしたパトリック・スチュワートとリモート対談した。

ヘンリーは、パトリックが主演したTV映画『THE LION IN WINTER 冬のライオン』(2003年)のオーディションを受けた際、パトリックと対面したことを明かした。当時、まだ演技をはじめて3年しか経っていなかったヘンリーは、何週間もかけてセリフを練習したもののパトリックを目の前にして緊張してしまい、どう演技してよいのか忘れて失敗し、尻尾を巻いて退散してしまったという。

しかし、もっと上手くやれると思ったヘンリーがオーディションに引き返すと、パトリックが「戻って来てくれて嬉しいよ」と言ってもう一度チャンスをくれ、最終的には役を獲得できなかったもののその体験が忘れられず、俳優を続けていくうえで大きな支えになったと語った。

そして『ウィッチャー』の話題になり、パトリックは「君は、スタントのほどんどをやっているんだよね?」と質問すると、ヘンリーは次のように述べた。「そうなんです。スタントといった、体を動かすことを常に楽しんでいます。(映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』で)トム・クルーズと共演したことが大きな助けになりました。あるいはプロデューサーの目には、私のスタントを楽しむ度合が悪化したように映っているのかもしれません。今は本当にスタントがやりたいですし、キャラクターには欠かせない要素だと思っています。視聴者が劇中のゲラルトを観たら、それが私だと信じなくてはいけません。(もしスタントマンに任せたら)視聴者を裏切っているように感じてしまうから、製作側が許す範囲で頑張っています」

『ウィッチャー』は新型コロナウイルスの影響で中断していたシーズン2の撮影が、8月にイギリスで再開される見込みで、2021年にNetflixにて配信予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:Netfixオリジナルドラマ『ウィッチャー』
 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./Copyrights(C)wowkorea.jp/Copyrights(C)YONHAP NEWS/© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved./Copyright © BANGER!!! All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。