MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

国内

<相棒season20>初回視聴率15.2% アニバーサリーシーズンも好発進 右京&亘コンビは7年目に突入

まんたんウェブ - 10月14日(木) 10時24分

拡大写真
連続ドラマ「相棒season20」初回拡大スペシャル「復活〜口封じの死」の一場面=テレビ朝日提供

 人気刑事ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)の新シーズン「相棒season20」(水曜午後9時)の初回「復活〜口封じの死」が10月13日に拡大スペシャルで放送され、平均視聴率(世帯)は15.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。20年目という記念すべきアニバーサリーシーズンも、15.0%を上回る好数字で発進した。

 「相棒」は、警視庁の窓際部署「特命係」の杉下右京(水谷豊さん)が、その天才的頭脳で推理し、相棒と共に難事件を解決するドラマ。アニバーサリーシーズンとなる今作をもって、右京と、反町隆史さん演じる冠城亘のコンビは7年目に突入した。

 初回拡大スペシャル「復活」は、「season19」の「暗殺者への招待」前後編(第19、20話)から続く物語で、特命係が、一連の事件の“黒幕”内閣官房長官・鶴田翁助(相島一之さん)と対峙(たいじ)。亘が逮捕されてしまうなど、波乱の幕開けとなった。最後は、第2話に続く展開で幕を閉じた。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./Copyrights(C)wowkorea.jp/Copyrights(C)YONHAP NEWS/© NANO association co.,ltd. all right reserved/Copyright © BANGER!!! All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。