MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

国内

<麒麟がくる>「信長様は十兵衛のことをどこかで待っていた…」 帰蝶Pの言葉に視聴者涙

まんたんウェブ - 2月23日(火) 17時53分

拡大写真
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」総集編で語りを担当した川口春奈さん演じる帰蝶 (C)NHK

 俳優の長谷川博己さんが主演を務めたNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の総集編が2月23日午後1時5分から約4時間半にわたって放送された。

 語りを帰蝶役の川口春奈さんが担当。十兵衛(光秀、長谷川さん)と信長(染谷将太さん)の出会いから「本能寺の変」に至るまでを、帰蝶の目線で振り返る……という内容で、信長が十兵衛に本能寺で討たれたことについて、帰蝶は「信長様は、十兵衛のことをどこかで待っていたのかもしれません」と語り、視聴者の涙を誘った。

 総集編は「美濃編」「上洛(じょうらく)編」「新幕府編」「本能寺編」で構成され、エンドロールは十兵衛の活躍を若き日から振り返る名シーン集になっていた。

 SNSでは「面白かったー!」「いい大河ドラマだった。総集編ありがとうございました!」「編集も語りもラストの演出も最高だった、改めて大好きだな麒麟がくる」「また最初から見たくなる総集編だった。まだまだ麒麟ロスは終わらない!」といった感想が次々と書き込まれていた。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。ドラマでは謎めいた明智光秀の前半生にも光を当て、戦国の英傑たちの運命を描き、2月7日に最終回を迎えた。

 

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./Copyrights(C)wowkorea.jp/Copyrights(C)YONHAP NEWS/© NANO association co.,ltd. all right reserved/Copyright © BANGER!!! All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。