MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

国内

<キワドい2人-K2->最終話迎え“ロス”の視聴者続出… 山田涼介&田中圭の“帰ってきた2人”を望む声も

まんたんウェブ - 10月17日(土) 20時40分

拡大写真
連続ドラマ「キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木」最終話のワンシーン(C)TBS

 人気グループ「Hey! Say! JUMP」の山田涼介さん主演の連続ドラマ「キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木」(TBS系、金曜午後10時)の最終話が、10月16日に放送された。全6話の放送を終え、「終わっちゃった……」「もう終わりとか信じられない」「あっという間だった……」「来週からさみしいな」「余韻が……」と“ロス”になる視聴者が続出している。

 ドラマは、横関大さんの刑事小説「K2 池袋署刑事課 神崎・黒木」(講談社文庫)が原作。人情派の生真面目キャリア刑事・神崎隆一(山田さん)が、超型破りのキレ者刑事・黒木賢司(田中圭さん)とタッグを組み、池袋の街で巻き起こる凶悪事件に挑む姿を描いた。性格、価値観、捜査方針などが正反対の凸凹バディーで捜査の度に衝突を重ねる2人は、実は異母兄弟という秘密を抱えている。

 最終話では、神崎は、自分が犯罪者の息子という衝撃の真実を知り自暴自棄になっていた。黒木は、22年前の「ファミレス立てこもり事件」の捜査を担当していた副署長・澤登哲也(六角精児さん)の身に危険が迫っていることを知る。

 黒木が澤登の元に駆け付けると、そこには行方をくらませていた父・神崎賢造(椎名桔平さん)の姿があった。しかし、22年前の事件の真相を澤登に迫る賢造は、隠れていた捜査員たちに囲まれてしまい……というストーリーが展開された。

 本作で“異母兄弟バディー”の神崎と黒木を演じた山田さんと田中さんに対し、SNSでは「涼ちゃん圭ちゃん最高でした」「最強のコンビだった」「本当の兄弟みたいですてきすぎた」といったコメントが相次いだほか、「金曜日に笑いと涙とほっとするドラマをありがとう」「最終話までお疲れ様でした!」など、感謝とねぎらいの声も多く上がった。

 また、視聴者からは「もっと2人が見たい」「またいつか神崎黒木に会いたい」「また復活してほしいな〜!」「続編期待してます!」「『帰ってきたキワドい2人』待ってます」と、続編を望む声も続々と寄せられている。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./Copyrights(C)wowkorea.jp/Copyrights(C)YONHAP NEWS/© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved./Copyright © BANGER!!! All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。