MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

国内

<飯豊まりえ>“学校のマドンナ”を慌てて否定「大目に見てもらえると…」

まんたんウェブ - 1月12日(金) 19時46分

拡大写真
連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」の記者会見に登場した飯豊まりえさん

 モデルで女優の飯豊まりえさんが12日、東京都内で行われた連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」(テレビ東京系)の記者会見に登場した。野村周平さん演じる高校生・弄内翔(もてうち・しょう)が片思いをしている学校のマドンナ・柴原奈々美を演じている飯豊さんは、役柄と自分の似ている部分を聞かれ、「そこ(学校のマドンナ)は違いますね。現実の高校生時代は全然そんなことなかったので……」と慌てて否定していた。

 すかさず野村さんが「そんなことないよ。現場はみんなまりえのこと好きだったからね。ちゃんとマドンナだったよ」とフォローすると、飯豊さんは照れ笑いし、「マドンナにはなれていないかもしれないんですけど、ちょっとそこは大目に見てもらえるとうれしいです」と話した。会見にはアイドルグループ「乃木坂46」の西野七瀬さん、清水尋也さん、大友花恋さんも登場した。

 「電影少女」は、「ウイングマン」「I”s」で知られる桂正和さんが1989~92年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載。恋に悩む高校生の弄内洋太が不思議なレンタルビデオショップで借りてきたビデオを再生すると、いきなり美少女が画面から飛び出してきて……というストーリー。

 ドラマは西野さんと野村さんのダブル主演で、物語は2018年が舞台。両親の離婚を機に絵本作家のおじの空き家で1人暮らしを始める高校生の弄内翔(野村さん)は、家でテープが入ったままの壊れたビデオデッキを発見、修理して再生すると“ビデオガール”の天野アイ(西野さん)が画面から飛び出してきて……という内容。

 13日からテレビ東京系の土曜深夜ドラマ枠「土曜ドラマ24」(土曜深夜0時20分)で放送され、Amazonプライム・ビデオで毎話放送1週間前から先行配信される。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./Copyrights(C)wowkorea.jp/Copyrights(C)YONHAP NEWS/© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。