• 最新

最新ニュース

エンタメニュース

写真で見るあの日

インタビュー

お天気情報

スポーツ

男子バスケの欧州選手権の4強決定 セルビアとロシアが勝ち上がる

スポニチアネックス - 9月14日(木) 7時59分

拡大写真

(スポニチアネックス)

 男子バスケの欧州選手権(ユーロバスケ2017)は13日にトルコのイスタンブールで準々決勝の残り2試合を行い、セルビア(D組1位)が83―67(18―17、26―16、15―15、24―19)でイタリア(B組3位)を下し、2大会連続3回目のベスト4。NBAキングスのボグダン・ボグダノビッチ(25歳)は第3Q終了時点で得意の3点シュートを7本すべて外していたが、それでもチーム最多の22得点を稼いでオフェンス面で貢献した。2メートル22のセンター、ボバン・マリヤノビッチ(29歳=ピストンズ)は16分の出場時間ながら10得点と7リバウンドをマーク。ペイント内での得点は44―18とイタリアを圧倒し、ゴール下を制圧して勝利を収めた。
 イタリアはホークスのマルコ・ベリネリ(31歳)が18得点を稼いだものの、3点シュートの成功は11本中2本のみ。元ピストンズのルイジ・ダトーメ(29歳)は15得点にとどまった。
 ロシア(D組3位)は74―69(17―24、14―13、20―16、23―16)でギリシャ(A組4位)を振り切って3大会ぶりに準々決勝を突破。第3Qの途中まで10点を追う苦しい展開だったがここから猛追して試合をひっくり返し、3大会ぶり(通算4回目)の4強入りを決めた。
 元ティンバーウルブスのガード、アレクセイ・シュベド(28歳)は26得点をマーク。レイカーズからネッツに移籍したセンターのティモフェイ・モズゴフ(31歳)が15得点と10リバウンドを記録し、ペイント内の得点で40―26と優位に立った。
 ギリシャは元グリズリーズのガード、ニック・カレイザス(28歳)が36分出場して25得点と7アシストをマークしたが、チームのフリースローの成功は20本中10本。ロシアは25本中20本決めており、イージーミスが目立つ試合となった。
 なお準決勝は14日にスペイン(C組1位)対スロベニア(A組1位)、15日にセルビア対ロシア戦が行われる。

 

最新の記事



掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright (C) SPORTS NIPPON NEWSPAPERS