• 最新

最新ニュース

エンタメニュース

写真で見るあの日

インタビュー

お天気情報

格闘技

新王者・岩佐、小国から奪ったベルト「命を懸けて死ぬ気で守る」

スポニチアネックス - 9月14日(木) 12時31分

拡大写真

(スポニチアネックス)

 ボクシングのIBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ(13日、エディオンアリーナ大阪)で小国以載(29=角海老宝石)に6回TKO勝ちし、新王者となった岩佐亮佑(27=セレス)が14日、大阪市内で一夜明け会見を開いた。「寝たら夢になってしまいそうで一睡もしていない」と明かしたが、この日朝、LINEで小国にお礼を述べると、引退表明した前王者から「めっちゃ殴ってくれたな。やっぱ、おまえ嫌いやけど、最後がおまえでよかった」とコメントが届いたという。「最後の試合が僕だったことを誇りに思う。小国さんから奪ったベルトなので、命を懸けて死ぬ気で守っていくことだけ考えている」と表情を引き締めた。
 スポンサーからは世界王者になったらフェラーリをプレゼントすると約束されており、会見ではロゴ入りのキーを披露。18日に納車が予定されており「高級車なので、それに見合うチャンピオンになりたい。そのためにも頑張りたい」と抱負。別の後援者からは小林昭司会長とともに「マグロ釣り温泉旅行」のプレゼントも用意されたそうで、小林会長は「チャンピオンでいることで、いろいろな経験をさせてもらえる」と笑顔で語った。
 試合中に左手親指の付け根を痛めたが、打撲のもようで深刻なケガではなさそう。「2週間ぐらい休んで体を動かし始めたい」と話し、「スーパーバンタム級で長期防衛していきたい。(具志堅用高のV13など)記録も狙ってみたい」と目標を明らかにした。

 

最新の記事



掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright (C) SPORTS NIPPON NEWSPAPERS