• 最新

最新ニュース

エンタメニュース

写真で見るあの日

インタビュー

お天気情報

サッカー

揺れるG大阪、6発大勝で暫定2位浮上 18歳堂安2発 泉沢”恩返し弾

スポニチアネックス - 4月21日(金) 21時1分

拡大写真

(スポニチアネックス)

 明治安田生命J1リーグは21日、第8節第1日の2試合が行われ、一部サポーターがナチス・ドイツの親衛隊のマークに酷似した旗を掲出した問題に揺れるG大阪はホームで大宮と対戦。6―0で大勝し、前節の5位から暫定順位ながら2位へと浮上した。
 G大阪は前半16分、MF井手口の右足ミドル弾が決まって先制。同41分には細かくパスをつなぎ、右サイドから藤本が出したパスをペナルティーエリア内で受けた泉沢が左足でトラップしてから右足で仕留めて前半を2点リードで折り返すとゴールラッシュとなった。
 後半9分には藤本のシュートのこぼれ球を倉田が右足で押し込んで3点リード。同17分には18歳の堂安が相手DFの両足の間を通す”股抜き”ゴールでJ1初ゴールを決め、同20分には井手口のクロスを三浦が頭で決めてJ1初ゴールを刻むと、同32分には再び堂安が決めて6―0。今季チーム最多得点で勝利を飾った。
 昨季まで大宮に在籍した泉沢は古巣相手に移籍後初ゴール。18歳の堂安は2ゴールを決めた。
 一方、昨季まで主力選手だった泉沢に”恩返し弾”を決められた大宮は白星が遠く、これで開幕から8戦勝ちなしとなった。

 

最新の記事



掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright (C) SPORTS NIPPON NEWSPAPERS