• 最新

最新ニュース

エンタメニュース

写真で見るあの日

インタビュー

お天気情報

野球

トレード可能性の消えたダルビッシュ 焦点はオフのFA200億円攻防

THE PAGE - 7月18日(火) 5時2分

拡大写真

(THE PAGE)

「そういう可能性もあるなと。別にどっちでも大丈夫です。もちろんテキサスは好きです。好きというのと契約をするのは全く違う話。ビジネスなので」

 10日、オールスターゲーム前日に行われた会見で、レンジャーズのダルビッシュ有はトレードについて尋ねられると、そう答えたそうだ。

 これをどう読み解くか。

 まずトレードの”可能性”について考える。

 ウェーバーを経ずにトレードができる7月31日までに動くチームは2種類に分けられる。アメリカでは、バイヤー(買い手)とセラー(売り手)と表現するが、バイヤーとは、プレイオフを勝ち抜く上で必要なピースを集める、あるいは、もう少しでプレイオフに届くので、弱点を補強するといったチームのこと。逆にセラーは、プレイオフ出場の望みがなく、再建モードにはいったチームを指す。将来を見据え、ベテラン選手を価値のあるうちにトレードに出し、有望な若手を獲得する、あるいは、オフにフリーエージェントとなり、その選手との再契約が難しそうなので、仕方がなくそれを迫られるというのが、パターンか。

 で、レンジャーズだが、ア・リーグ西地区では2位タイながら、1位のアストロズには16.5ゲームも離され、地区優勝は絶望的。ただ、2チームが出場できるワイルドカード争いでは、2位のレイズまで3ゲーム差の5位タイと微妙な位置にいる。仮に、トレード期限までの約2週間でゲーム差が開けば、ダルビッシュが言う“可能性”は現実味を帯びてくるが、現時点ではどう転ぶかわからない。ESPNのジェリー・クラズネック記者も13日、「レンジャーズは、ダルビッシュとコール・ハメルズについて、話があれば聞く用意がある」とツィッターでトレードを匂わせたが、「もし、7月31日のトレード期限までに調子が上がらなければ」と条件を付け加えた。それが現実的な捉え方だろう。

 ただ、実際のところ、ここから負けが重なろうが、ある程度の条件を提示されようが、レンジャーズの方針そのものは変わらないのではないか。

 レンジャーズの前提は、あくまでも再契約。よってトレードはしない。

 ダニエルズGMは、現地メディアにトレードに否定的な見解を表明した。
 ダルビッシュを簡単に手放せないレンジャーズならではの事情もある。

 知られるように、レンジャーズの本拠地は打者に有利な球場だ。ゆえに、オールスタークラスの投手をフリーエージェントで獲得する上で、分が悪い。ダルビッシュも今年は本拠地と相性が悪く、11試合に先発して、被打率が.231。被本塁打は11本。一方敵地では8試合に先発し、被打率は.191、被本塁打は4本。ごく一部のデータにもそれが現れている。よってチームには長年に渡ってエースが不在だった。そんな中でダルビッシュはついに獲得したエースだったのである。そんな選手を手放せば、代わりを見つけるのに、また、15年にコール・ハメルズをフィリーズから獲得したときのように、若手有望選手を一気に手放すといった犠牲を強いられる。

 一方で発言の後半部分ーー「契約をするのは全く違う話。ビジネスなので」と話したのは、それがお金を意味しているのだとしたら、レンジャーズにとっては好都合だ。レンジャーズの懐事情を探る前に、そもそもダルビッシュの相場はどの程度なのか。まずは、トップクラスの投手の契約総額を以下にまとめた。

※ カッコ内は 契約チーム/契約した年

・ デビッド・プライス(レッドソックス/2015) 7年総額2億1700万ドル(約238億円)

・ ザック・グリンキー(ダイヤモンドバックス/2015) 6年総額2億650万ドル(約227億円)

・ クレイトン・カーショウ(ドジャース/2014) 7年総額2億1500万ドル(約237億円)

・ マックス・シャーザー(ナショナルズ/2015) 7年総額2億1000万ドル(約231億円)

・ ジョン・レスター(カブス/2014)   6年総額1億5500万ドル(約170億円)

・ ジャスティン・バーランダー(タイガース/2013) 7年総額1億8000万ドル(約198億円)

・ ステファン・ストラスバーグ(ナショナルズ/2016) 7年総額1億7500万ドル(約193億円)

 今や、トップは平均年俸が3000万ドル(約33億円)の時代。ダルビッシュがフリーエージェントとなり、マネーゲームになればこの額が基準になることは間違いない。仮に6年総額1億8000万ドル(約198億円)という数字が目安になったとしよう。レンジャーズがどう出るかだが、おそらく問題はない。来年いっぱいで、コール・ハメルズ(年俸2350万ドル、約22億円)とエイドリアン・ベルトレ(年俸1800万ドル、約20億円))の契約が切れる。ハメルズはチームを離れるのではないか。彼もレンジャーズの本拠地とは相性がよくない。ベルトレは引退をほのめかしている。となると、再来年以降、資金に余裕ができる。不良債権化している秋信守の契約(年俸2100万ドル、約23億円)も2020年に切れるので、ダルビッシュとは徐々に年俸が上がるバルーン契約を結べば、無理はない。

 それよりも、レンジャーズが恐れているとしたら、ビジネスという言葉の真意の方だろう。ダルシッビュがお金を重視するとは、少々考えづらい。

 おそらく彼が言いたいのは、住みやすさ、子供達の学校、球場の施設、球団はどんな方向性を持っているかといった、総合的な要素であるはず。これまでダルビッシュは自らチームを選んだことがない。日本ハムからはドラフトされ、レンジャーズにはポスティング制度を利用して移籍した。よって今回、相当慎重にそれぞれのチームの話を聞き、納得のいく形で、チームを選ぶはず。ビジネスとはやはりトータルでの評価。となるとそのことは、レンジャーズにとって有利にも不利にも働きうる。ダルビッシュはすべてを見てきたのである。

(文責・丹羽政善/米国在住スポーツライター)

 

最新の記事



掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright(C)Wordleaf Corporation. All Rights Reserved.