• 最新

最新ニュース

エンタメニュース

写真で見るあの日

インタビュー

お天気情報

一般

日本、400リレーで銅=今大会初メダル―世界陸上

時事通信 - 8月13日(日) 8時56分

拡大写真
(時事通信)

 【ロンドン時事】陸上の世界選手権第9日は12日、ロンドンで行われ、男子400メートルリレー決勝で日本(多田、飯塚、桐生、藤光)が38秒04で銅メダルを獲得した。銀メダルを手にした昨年のリオデジャネイロ五輪に続く表彰台で、世界選手権では初のメダル。今大会で日本勢のメダルも初めて。
 開催国の英国が37秒47で金メダルを獲得し、米国が銀。5連覇を目指したジャマイカはアンカーのウサイン・ボルトがレース中に脚を痛め、ゴールできなかった。
 男子十種競技は後半5種目が行われ、中村明彦(スズキ浜松AC)が7646点で19位、右代啓祐(同)は7498点で20位に終わった。同5000メートルはムクタル・エドリス(エチオピア)が13分32秒79で金。モハメド・ファラー(英国)は2位で3大会連続の1万メートルとの2冠はならなかった。
 女子400メートルリレーは米国が3大会ぶりに制覇。2走を務めたアリソン・フェリックスは大会通算獲得メダルを15個とし、ボルトと女子のマーリーン・オッティ(ジャマイカ)を抜いて単独最多となった。
 女子走り高跳びは、ドーピング問題でロシア陸連が資格停止処分を受けたため個人資格で出場した同国のマリア・ラシツケネが、2メートル03で連覇した。 
[時事通信社]

 

最新の記事



掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright(C)2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved./Copyright(C)Wordleaf Corporation. All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。