最新ニュース

スポーツニュース

写真で見るあの日

インタビュー

お天気情報

社会

男4人を関税法違反容疑で逮捕 現金強奪は関与否定

朝日新聞デジタル - 4月21日(金) 13時17分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 福岡空港国際線ターミナル(福岡市博多区)で20日夕、多額の現金を持って出国しようとして身柄を確保された韓国籍の男らについて、福岡県警は21日、関税法違反の疑いで2人ずつ計4人を逮捕した。所持していた額は計7億円を超えるという。
 捜査関係者によると、4人は20日夕、国際線ターミナルでの税関検査で、7億円以上の現金を所持していたのに申告せず、無許可で持ち出そうとした疑いがある。2人がペアの形でそれぞれ3億数千万円を持っていたという。関税法は、100万円を超える現金を申告なしに海外へ持ち出すことを禁じている。
 福岡市では20日昼、銀行で引き出したばかりの現金3億8400万円が強奪された事件があった。県警は、4人がこの事件と関連があるかどうか慎重に調べている。男らは強奪事件への関与を否定し「現金は他人から受け取った」などと説明しているという。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2017 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.