最新ニュース

スポーツニュース

写真で見るあの日

インタビュー

お天気情報

社会

地下鉄サリン22年、遺族「あっという間」 駅で献花

朝日新聞デジタル - 3月20日(月) 15時1分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 13人が死亡し、6千人以上が負傷したオウム真理教による地下鉄サリン事件から、20日で22年となった。大きな被害が出た東京メトロの6駅の事務室には献花台が設けられた。職員2人が亡くなった霞ケ関駅(東京都千代田区)では、発生時刻に近い午前8時に駅員21人が黙禱(もくとう)をささげ、犠牲者を追悼した。
 献花台に花束を供えた大友豊彦・霞ケ関駅務管区長は「サリンで被害にあった職員の顔を思い浮かべた。被害者の方々の一日も早いご回復をお祈りしたい。お客様の安全を守り、安心して地下鉄を利用して頂けるよう、社員一同、一層努力する所存です」と話した。
 駅助役だった夫を亡くした高橋シズヱさん(70)も献花に訪れ、「あっという間の22年。ここに来るとあの日のことを思い出します」と語った。「事件によって被害者や遺族だけでなく、加害者の家族も含め、多くの人がつらく悲しい思いをしている」と述べ、事件当時を知らない若い世代に向け、「1人の人に判断を委ね、大勢の人を傷つけてしまうことがどういうことかを知ってほしい」と話した。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2017 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.