最新ニュース

スポーツニュース

写真で見るあの日

インタビュー

お天気情報

政治

大阪府松井知事が定例会見9月13日(全文2完)宿泊税の増税「京都は強気」

THE PAGE - 9月13日(水) 18時22分

拡大写真

(THE PAGE)

 大阪府の松井一郎知事が13日午後2時から定例会見を行った。

 ※一部、判別できない箇所がございますことをご了承ください。

京都市が宿泊税増税について

司会:〓カメラ 00:11:29〓さん、いいですか。それでは囲みを始めさせていただきます。まず初めに府政に関するご質問からお願いいたします。

朝日新聞:朝日新聞のイケジリです。ちょっとさっき言いかけたやつなんですけど、京都市が宿泊税に、一部報道なんですけれども、200円から1000円の設定で検討しているという報道があったんですが、大阪では100円から300円で、東京でも100円から200円。京都は相当強気の料金設定だと思うんですけれども、この料金設定について、どう思われるのかということと、インバウンド効果では京都と並んで大阪もかなり好調なんですが、大阪では値上げっていうのを考えられたりしませんか。

松井:まず大阪で値上げは考えていません。京都は強気だなと思います。ただ京都でもそういう民泊も課せるとかいう話もしてますから、民泊で1万円以上の民泊っていうのは、京都はどういうところがあるのかな。1回、その辺はスタートされたら参考にはさせてもらおうと思います。

朝日新聞:あと、またちょっと話変わるんですけれども、きのう、法定協議会で特別区案などについて吉村市長と話されたと思うですけれども、特別区の協議の進め方として職員数とか、効果額っていうのも結構、大事になってくるんですが、まず最初に区数を決めて話を進めていくのか、もしくは両案、4、6ともに職員数や効果額を算出した上で、その上で議論をしてもらった上で区数を決めるのか、これはどういうイメージを持たれていますか。

松井:まず一番最初は特別区のやっぱり事務の中身、内容、ここから議論をしたいと思っています。要はわれわれ、中核市並みと言ってますけども、その中核市並みというのは、具体的にどういう事務が特別区に移るのかというところから議論して、その内容が固まれば、その内容を実施できる規模ね。4区、6区でそれぞれ内容が異なることもありますから、だから内容と区数、区割りで一度、素案としていろいろ議論をしてもらいたいと思っています。

 それによって職員の増減は今度そのあとですね。区割りが決まって内容が決まって、初めて職員がどの程度、必要かっていうのが出てきますから、その後に職員の体制というものの議論になってくるだろうと思っています。

朝日新聞:ということは001140素案としてだいたいの事業内容みたいなものを考えて、その上で区数、区割りっていうものも決めた上で、そこで具体的な試算に入っていくということですね。

松井:そうですね。だから事業内容、4区ならこういう内容、6区ならこういう内容で事業を、特別区の事業が拡充できますよというところでまず話し合いですね。

朝日新聞:ありがとうございます。

司会:次のご質問、お願いいたします。

大阪府の府立病院機構の大阪母子医療センターのクラウドファウンディング活用について

毎日新聞:すいません、毎日新聞、〓イシカワ 00:15:15〓です。大阪府の府立病院機構の大阪母子医療センターが新生児を搬送する専用の保育器の購入資金をクラウドファンディングを使って寄付を呼び掛け始めているんですけれども、まずこの取り組みについての知事の評価をお聞かせいただけますでしょうか。

松井:これは病院機構として新たな資金の需要を新たな方法で呼び掛けるというのは機構の、独立した組織ですから、これは機構がそういう新しいやり方をするというのは、僕はいいことだと思ってます。それでまた、そういう保育器すら予算出してないのとか思われるかもしれませんけども、病院機構全体で今、60億以上、60億ぐらいかな、60億の運営負担金は大阪市としては毎年、予算していますし、中でも母子にはその中から子供たちの命を守るということで、いくらがそこにいっているか、今ちょっとすぐには分かりませんけど、母子へもきちっと補助金は回っております。

毎日新聞:今、知事がおっしゃられたように、確かに1台250万円ということで、インターネットとかTwitterの中では、税金で250万円の保育器が買えないのかとか、それぐらいの負担もできない、大阪府はそれぐらいの負担もできないのかっていう、そういう批判の声もあるようなんですが、知事、先ほどおっしゃったように、ここ、独立採算制ということもありますし、〓母子が 00:17:02〓そういう負担金を〓**ツケ** 00:17:03〓ということで対応するということはあるかと思いますけども、例えばその250万円なり、4台必要なので1000万、全部で掛かるようですけども、それをクラウドファンディングじゃなくてあらためて子供の命を守るということで負担金で新たに乗せるとか、そういうお考えっていうのは今のところないでしょうか。

松井:これはもう機構全体とわれわれはきちっと毎年毎年、運営負担金の議論はしております。それにプラスアルファで各病院機構のそれぞれの組織の病院が新しい手段を使おうというのは別になんら、いい取り組みだと思いますね、僕は。なんでもかんでもお金足りなくなったら補助金かいと。これが一番のこういう公立系の病院の一番悪いところです。その補助金というのはもともとはこれは税ですから、府民の皆さんの。これは病院機構ばかりにどんどん補助金が、運営負担金を増やし続けると、今度はどこかを削らなければなりません。それか府民の皆さんに増税をお願いするか、借金でやるかです。

 だから毎年、病院機構ときちっと5病院が運営できる、その議論は話し合いをして運営負担金は決めています。それにプラスアルファ、さらに医療機能を上げようという、各病院が独立して新たな資金需要の手段を考えると。これはまさにいい話だと思います。ネットの中の住民の皆さんは何も分からずにそういう批判をする。今、ちょうど堺の選挙やってるからそういう批判になると思うけどね、大阪府のほうでは子供の命を守るとか、高齢者の命を守るとか、府民の命を守るための予算はきちっと拡充を、きちっと毎年、執行させていただいているということです。だいたい共産党がそれ言うとるね。共産党の皆さんはもうとにかく予算編成とか、そういうことを考えたことないから、好き放題、言いますね。

毎日新聞:よく分かりました。ありがとうございます。

司会:では次の質問よろしくお願いします。

京都市の宿泊税の条例案についての意見

日本経済新聞:日本経済新聞のタネダです。もう一度、京都市の宿泊税の条例案の話に戻りますけれども、もう1つの特徴として今回は1人1泊、1万円未満の人からも徴収、宿泊税を徴収するというのが東京都や大阪府と違うとこだと思いますが、これについては何かご意見ございますか。

松井:いや、だから京都は強気だということですよ。要はね、安いお客さんはほかにどうぞということでしょう。なかなか強気やなと思いますね。われわれは、それはありません。もう、少しね、あまりお金を使わずとも大阪を楽しみたいと。要はお金持ちじゃなくても楽しみたいという人にも大阪のホスピタリティーあふれた形でお迎えをしたいと、こう思っています。

日本経済新聞:それから大阪府の宿泊税は1月から始まって今、8カ月が過ぎたとこですけども、現在までの徴収状況というんでしょうか、執行状況について何かご意見とかお気付きになったことはありますか。

松井:いや、今これは担当部局のほうで、ホテルのほうで税徴収していただいていまして、で、始めたばっかりなんで、いろいろと仕事が煩雑でやりにくさもあるかもしれませんけど、そういうところを今、調査中です。

日本経済新聞:まだ調査結果も出てないし、それを受けてどうするかもまだ決まってないということですね。

松井:うん、そうですね、今はもう始まったばっかりですから。

日本経済新聞:もう1点、関連している話で、観光庁が出国税というのを、検討を始めようとして、まだ有識者会議を開くところなので、まだどうなるか全然分かりませんけども、観光客の受け入れ体制の整備を使い道にして、そういうものが検討しているということなので、使途、使い道だけ見ると大阪府の宿泊施設と似ていなくてもないんですが、それについてはいかがでしょうか。

松井:いや、これね、やっぱり地方に整備とか観光客の受け入れ体制というのは地方に切磋琢磨させるべきで、国、中央からこれをやれと言ってもね、これはやっぱりちょっと違う、各地域の特色が出にくいんじゃないかなと、こう思っています。それからやっぱりこれはこれから議論されるんでしょうけど、せっかくインバウンドのお客さんの、2020年には4000万目指していくわけですから、そういうところにちょっと冷や水を浴びせるようなことにならないようにね、適正な税設定とか、そういうところを慎重にやってもらいたいと、こう思っています。

日本経済新聞:ありがとうございました。

司会:次のご質問をお願いいたします。よろしいでしょうか。で、先ほどの病院機構への交付金ですけれども、今年度の当初予算では約83億円ということで、また詳しくは部局のほうにご確認ください。それではいったん府政の部分については終了させていただきます。

司会:それでは政務に関するご質問をお願いいたします。

松井:はい。

堺市長選の手応えについて

朝日放送:ABCです。よろしくお願いします。堺市長選なんですけれども、告示前のタウンミーティングから始まって、ずいぶん駅立ち、いろいろ立たれるなど精力的に活動されてるわけですけれども、有権者の皆さんの反応っていうのが変わってきたとか、やっていて風当たりとか手応えっていうのはどんなふうにお感じになられてますか。

松井:いや、それは手応えっていうのはまだまだ感じれるところまでいってないし、選挙として盛り上がっているかどうかも疑問です。それは目の前の人は多少ね、声を掛けてくれますけど、選挙として盛り上がってるのかといえば、もういかがなもんかという感じですね。ぜひ有権者の皆さんに、皆さんの権利としての1票は行使してもらいたいと、こう思っています。

朝日放送:盛り上がっていない理由というのは、例えばどんなものが挙げられると思いますか。

松井:いや、やっぱり全体的なものではないんですか、今はもう。政治に対しての関心がやっぱり高まらないというか。結局、大きな争点というね、これは国政選挙ではないし、そういうものが明確になっていないと。われわれは明確に言ってますよ。でもそういうところがやはりメディア等で大きく取り上げられるわけじゃないんでね、やっぱり情報発信不足だと思いますね。堺市長選挙で、だからABCで候補者討論会とかやってくれたら。

朝日放送:〓******00:26:03〓。

松井:うん、堺市長選挙でやで。

朝日放送:うちのテレビ局での生中継とかで〓*****00:26:08〓。

松井:うん、そうそう。

朝日放送:いや、それはやってないですけど、JC主催の。

松井:だからJC主催ではやね、まったく盛り上がれへんやんか、そんなん。それだけでは。やっぱり僕らのダブル選挙のときはやね、『キャスト』もやったしやね、うん、『VOICE』もやったよね。やっぱりABCが『キャスト』1時間半ぶち抜きぐらいで、堺市長選挙候補者討論会っていうのをやってくれれば少しは情報発信になるかなと思います。だから盛り上がらないというのはやっぱり全てじゃないけど、ABCにも責任あるんかなと思いますね。

朝日放送:4年後はちょっと検討しますけども。

松井:4年後か。なんで4年後やねん。

朝日放送:4年前はやっぱり都構想というのがその争点になって分かりやすかったのが、今回、維新が議論しないということで、見えにくくなってるというのがやっぱり影響してるのかなと思うんですけれども。

松井:いや、だから、都構想が争点にならない4年間だから。無理やりその争点にそれをしようというのが、もう違うでしょうと。要は、相手は、相手の8年間を検証すると。そして今の、次の4年間へ対しての政策。これが、要は、野合談合のあの組み合わせでどうやってやるんですかということが。だって、モノレールとか書いてるけど、共産党はハード整備のインフラは全部反対よ。あれ、どういう形であの政策を出すのかね、出してるのか。で、その反対のことを出してる候補者を全面的に共産党が応援してると。もうこれほどおかしい話はないわけでね。だから、こういうのを『キャスト』でやってくれれば分かりやすいということですよ。

朝日放送:ちなみにその都構想の扱いとかも含めてなんですけど、有権者の皆さんの反応とかってどんな感じなんですか。

松井:いや、有権者の皆さんはいたって、興味のある方はいたって冷静。興味のない方はもうそもそも通り過ぎられるわけやから。興味のある方はいたって冷静でね。都構想、今回、堺がこういう議論にならないのが残念やと。やるべきやという人もおるし、やっぱり都構想については、ちょっとゆっくり考えたかったという人もいるし。で、堺はやっぱり堺で、当面やっぱり堺をなんとかしてよというのが一番多いですね。

朝日放送:じゃあ、期待する声も、そうでない声もあるということだと思うんですけども、今回の堺市長選の結果っていうのが、今後、大阪市の特別区設置の住民投票にどんな影響を与えそうですかね。

松井:いや、もう大阪市内の住民投票っていうか、住民の皆さんはいたって冷静にこれからでき上がるであろう法定協議書を見て判断をされると思います。それはもう前回もそうだったんですから。前回も堺市長選でわれわれは負けて、その2年後に住民投票をやってるわけですよ。でも、あの住民投票を見てれば、それは賛否両論でいろんな大激論になったけど、大阪市内のその民主主義の度合いというか、すごく上がったと思いますよ。本気の議論を皆さんが、賛成、反対の立場でやられたわけですから。だから、もう前回同様、前回の例を見ても、都構想の住民投票がいざスタートするとなると、それはそれとして、住民の皆さんが本気で考えると思います。

朝日放送:でも、負けても僅差だったということだと、もし4年前の堺市長選に勝ってたら、住民投票にも勝てたんじゃないかみたいな、そういうことはないんですか。

松井:いや、そんなことは全然ないでしょう。勝とうが負けようが、2015年の住民投票で堺がこうだったからなんていうのは一切、住民投票に影響はなかったと思いますよ。やってる僕は、そんな声は聞いたことありません。

朝日放送:ありがとうございます。

司会:ほかにございませんでしょうか。

民進党の離党者が続々と出てる事態について

読売新聞:読売新聞の〓アサノ 00:30:52〓です。今、ちょっと民進党の離党者が続々と出てるような事態になっていて、で、維新に〓***00:31:00〓議員も含まれてるようですけど、この背景にはどういうことがあるというふうにお考えでしょうか。

松井:いや、もう、背景も何も、もう、それはばらばら、考え方がまとまらないから出ようということでしょう。いや、それであれ、鈴木さんの、さっきネットで記事見たけど、出ることであの幹事長、なんという幹事長かな、今の民進党の幹事長。

男性:大島さん。

松井:え?

男性:大島さん。

松井:大島さんが比例で通ったのに議席、返していけとか言うてるけど、あれ、民進党の比例で通ったんじゃないんでね。いや、もう大笑いしてしまって。これはほんまにピンぼけやなと。こっちへ返してくれなあかん、それやったらね。維新で通ったんやから。面白い人やなと思ってね。やっぱり民進党って民主党なんですよ、そやから。あの人たちは民進党で1回も選挙をしてへんの、まだ。だから、それで今回、比例で出ていく人に、党の議席だからというて、それ、もともとうちの議席やしね。それで、民進党で1回も選挙してないのに、置いていけっていうのはやっぱり、もうあの一言で分かるんです。もう民主党のまま。当時、昔の。だから名前を変えただけ。だから政権を、要は滑り落ちた、結局そのときのまま、中が1個も変わってないということなんですよ。で、それをまさにあの幹事長本人が言ってるんですよ。うちは民主党やと言うてるんですから、あの人は。それはやっぱり、もう政党としては成り立ってないんでしょうね。

司会:ほかにございませんでしょうか。

摂津市議員の選挙で市民ファーストの会が出てきていることについて

記者1:〓**セテレビノ****00:33:04〓と申します。今、摂津市議員の選挙で、市民ファーストの会という名前の団体が今、〓****00:33:13〓してまして、関西にもファーストの会の波が来るような動きが一部見られてるんですけれども、そういうようなことに対してどう〓****00:33:21〓。

松井:それは名乗るんは自由やけどね。われわれも大阪維新の会、2010年、2011年、やったときにはあちこちで維新の会ができたし、で、ついこの間の奈良でも維新の会と名乗った人が、まったくわれわれを模倣してるけど、当選してたし、政治家ってそういう人もおるということですよ。もう表ではいろんないいこと言うけど、結局、最後はその身分ね。だから、やっぱり身分が良過ぎるんじゃないのって僕らは思うね。だから今、大阪が、もうそれが一番分かりやすい例なんで。もう自共民はこの大阪しかないし、これはもうやっぱりわれわれが身分に切り込んだと、メスを入れたところが、やっぱり自共民をつくらせる、そういうきっかけとなったんだろうなと思いますね。

記者1:大阪にその後たくさん、もしファーストの会って名乗る団体が各種出てきた場合、維新の会にとっては、それは脅威ではないんですか。

松井:いや、もうそれは有権者がどう判断するかですよ。ただ、有権者の皆さんも本当に大阪の民主主義の民度っていうのは上がってきてますからね、選挙に対して。だから、じっくりとやっぱり内容、中身を見て、賢明な判断をされると思いますよ。

記者1:ありがとうございます。

松井:はい。

今井幹事長らが刑事告訴された件について

毎日放送:毎日放送ですけれども、きのう、刑事告訴されましたけれども。

松井:え?

毎日放送:きのう、今井幹事長たちが刑事告訴で〓****レタ 00:35:14〓かと思うんですが、堺市長選挙をめぐって、デマのようなビラが配布されてるということなんですけど、あらためてそれについて、〓******ゴセツメイ 00:35:24〓いただけますでしょうか。

松井:われわれ、選挙をやるたびに、誹謗中傷のビラはもう、変な話、やられ慣れてるというかね。もう大阪ではそういうのはしょっちゅうですよ。でも、1つ1つに対して、やっぱりこれは、デマはデマということで、きちっと対応していかないとね。もう一般の人に、逆にそういうデマを信じられると困りますんで。これはもう誰がやったかね、あんな、もう怪文書、それから紙爆弾とされるやつは、なかなか分かりませんけどね。これは1つ1つ、相手はそういうことをやるけど、われわれは堂々と戦おうと。4年前の堺市長選挙とかのときやったらもう、橋下代表の不倫とか、外に子供おるとか、そんなんまで出てたんでね。だから、もうとにかく大阪でのわれわれに対してのそういう攻撃っていうのはもう節操ないと思っています。

司会:ほかにございませんでしょうか。よろしいでしょうか。それでは、これで囲み取材を終了させていただきます。ありがとうございました。

(完)【連載】大阪府・松井一郎知事が定例会見2017年9月13日

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright(C)Wordleaf Corporation. All Rights Reserved.