最新ニュース

スポーツニュース

写真で見るあの日

インタビュー

お天気情報

政治

小池知事定例会見4月21日(全文1)入札制度改革、業者ヒアリングを5月実施

THE PAGE - 4月21日(金) 15時55分

拡大写真

(THE PAGE)

 東京都の小池百合子知事が21日午後2時から定例会見を行った。

快適通勤プロモーション協議会開催が決定

東京新聞:それでは定例記者会見を始めます。冒頭、知事のほうからよろしくお願いします。

小池:皆さんこんにちは。今日は私のほうからまず4本お伝えする項目がございますので、そこから始めさせていただきます。先日お伝えしたと思いますけれども、快適通勤プロモーション協議会、この開催が決まりました。で、こちらのほうは第1回の日付が4月28日、東京駅の前の丸ビルホールで開催いたしまして、この協議会ですけれども、多くの方々に快適な通勤を実感してもらうということを目的といたしております。で、快適通勤ムーブメントという名前を付けております。協議会のほうでございますけれども、これまでにムーブメントの趣旨に賛同いただく、そういった民間企業や鉄道事業者、そして国の関係者などがご参加いただけることとなっております。

 当日は私から夏のムーブメントの実施の時期、それからロゴなどを発表することといたします。それから鉄道事業者、民間企業から混雑緩和に向けたさまざまな先行的な取り組みについて紹介をしていただくということといたします。この協議会を皮切りといたしまして、さらに多くの賛同者を募りまして、このムーブメントの輪を広げてまいりたいと考えております。

 できるだけフレックスタイムにするとか、早く出勤をした方にはいろんなサービスが付くとか、各社で今お考えいただいているようでございます。記者の皆さんはあまりこういうのは縁遠いかもしれませんけれども、私もかつて学生時代に降りたい駅で、満員電車で降りられなかったことから、定時に通勤する仕事には就かないと決めた結果、アラビア語通訳という全然別の道を選びました。もっともエジプトの満員バスは、これは殺気立っていますから、日本以上にひどいところもございました。みんな屋根に乗りますしね、窓から降りたりしますし、すごいですよ。日本の快適通勤をしっかり確保していきたいと思っております。まずこれが1点でございます。

入札契約制度の改革について業界団体からヒアリングを5月中旬に実施予定

 2番目、入札契約制度の改革でございまして、業界の団体の方々からヒアリングを行うことといたします。この点でのお知らせでございます。これまで都政改革本部におきまして、都の公共調達が真に都民の利益にかなっているのか、ワイズスペンディングの観点、都民ファーストの視点に立ちまして、入札契約制度の改革について議論を重ねてまいりました。そして3月末に改革案を取りまとめておりまして、今後試行を開始するというその時点に当たりまして、私自身、業界団体の方々から直接お話を伺う機会を設けるというものでございます。

 以前から私のところには、特に建設関係の方々からぜひ中小の零細企業もなんとか生き残れるような、そんな方策を考えてほしいといったご要望もいただいてまいりました。そして建設業に限らず、都内の産業の発展の鍵、これは都内企業の99%を占めます、中小企業にほかならないわけでございます。今回のヒアリングを通じまして、中小の建設会社などで構成されます業界団体、そのほかの産業の関係でも中小の団体などもございますので、そういったところにも耳を傾けて、そしてこの試行を円滑に進めるため、またその先の本格的な実施に生かすために、公共工事の現場の貴重な声を伺ってまいりたいと考えております。

 日程についてですけども、5月中旬で調整を行っております。そして公共工事などに携わられる事業者から構成されます業界団体、25団体程度をそれぞれ業態別にグループに分けます。そしてその上でご意見を伺う予定といたしております。今回のヒアリングにつきましてもその模様はメディアの皆さんにもオープンとさせていただき、インターネット中継を活用しまして、都民にもその旨を公開するということといたしております。それぞれ15分から20分、30分といったような長さになろうかと思います。

アレルギーに関しての情報navi.、本日午後2時に開設

 その次に3つ目でございますが、皆さんアレルギーはお持ちじゃないでしょうか。アレルギーに関しての情報navi.っていうのを今日のこのたった今、午後2時から開設をいたしましたので、そのお知らせでございます。アレルギー疾患にはさまざまな原因があるということでございまして、そしてその症状もさまざまであります。それによる重症化をどうやって防ぐのか、それから症状を軽くするためには、そのために1人1人が正しい知識を持つということは大切であります。一方でインターネット上にはいろんな情報があふれておりまして、その中から適切な情報を選ぶということは時に非常に難しいということでございます。

 そこでこのたび、都といたしましてアレルギー疾患に関するさまざまな情報を分かりやすく提供するサイトを開設いたしました。そしてこのサイトでは、この疾患別、それから目的別に選べるメニューで情報を探しやすくいたしました。関連サイトの新着情報もタイムリーに確認ができるということでございます。また、誤った情報でかえって症状が悪化するといったような、そんなことがないために、掲載している内容については〓専門医 00:08:27〓が監修をした、信頼できるものになっているものと存じます。疾患をお持ちの方、そしてそのご家族には基礎知識を確認していただいたり、医療機関そして専門医を探す際にご利用いただきたいというものでございます。

 また、緊急時の対応マニュアル、そして教材なども掲載をいたしておりますので、保育施設などの職員の方や学校関係者、先生たち、医療従事者にもご活用いただきたいということでございます。まさしく、かゆいところにも手が届くような、そういう対応になればと思っております。

パラリンピックの魅力を体感できるイベント「NO LIMITS SPECIAL 2017 上野」を開催

 それから4番目でございますけれども、オリパラ絡みでございます。間もなくといいましょうか、あと2週間程度でゴールデンウイークに差し掛かるわけでございますけれども、ゴールデンウイーク期間中の5月の6日、これ土曜日、7日が日曜日、この2日にわたりまして、パラリンピックの魅力を体感していただこうというイベント、NO LIMITS SPECIAL 2017 上野というのを開催いたしますので、そのお知らせでございます。

 これまでも、私自身もNO LIMITS CHALLENGEなど参加をしてまいりました。パラリンピックの競技を体感していただくという、そういう催しでございまして、これによって東京大会に向けた開催機運の醸成に取り組んでまいったわけでございます。今回はその特別版でございます。東京大会で実施する、全て合わせると22の競技があるんですけれども、それを体感、体験していただく、そんなイベントを上野の恩賜公園のほうで開催をいたします。ちなみに私も会場に参りまして、いくつかの競技に挑戦をしてみたいと思います。ボッチャだけではございません。パラリンピック競技の魅力、そして面白さに触れて、もしくはこんな大変なんだということを自分で味わってみたいと思います。

 で、総合司会でありますけれども、あの、あのって、なんなのか分かりませんけども、松岡修造さん。熱い男、松岡修造さん。そして平井理央さんをお迎えいたしまして、パラリンピック競技を分かりやすくご紹介いただきたいと、このように思います。

 初日のオープニングでございますが、パラリンピアンに挑戦!五番勝負と名付けまして、オリンピアンの皆さんとの、チャレンジゲスト、そしてパラリンピアン自らが真剣勝負を行っていただこうと考えております。ほかにもリオ大会で活躍されました多数のアスリートの方々にもご出演いただきまして、エキシビションやそれから体験会などを実施いたします。

 それから、皆さま覚えていらっしゃると思いますけれども、リオ大会でフラッグハンドオーバーセレモニーをいたしました。その際に、セレモニーのあとに、東京パラリンピックをアピールするイベントが行われた、パフォーマンスが行われた際に、ダンサーの大前光市さんが出られましたけれども、あと太鼓パフォーマンスの集団で、鼓童という皆さんですね。この鼓童ですね。素晴らしいパフォーマンスを現場のほうでお願いを申し上げまして、大いに会場を盛り上げていただこうと思っております。この機会に、これまでパラリンピック競技を見たことのある方もない方も、ぜひご来場いただきまして、その魅力を体験、体感をしていただきたいということでございます。

 それと同時に、私が行く場所にはだいたい黄色いボックスが付いてまいります。なんのボックスかというと、言うまでもありませんけれども、都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクトがございますので、そのブースも設置をいたしますので、不要になった携帯電話など、ぜひお持ちいただきたいと、このように思います。大変、今やオールジャパンで、この都市鉱山のプロジェクト進んでおりますので、お近くのところにご提供いただければと。使用済みの携帯電話をご提供いただければと、このように思います。
 以上、私のほうからお伝えする4項目、以上でございます。

【連載】小池知事定例会見2017年4月21日 全文2(https://thepage.jp/tokyo/detail/20170421-00000001-wordleafk)へ続く

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright(C)Wordleaf Corporation. All Rights Reserved.