最新ニュース

写真で見るあの日

お天気情報

スポーツニュース

文化・芸能

オリラジ中田 “口論”抑止力には録音「オススメです」

スポニチアネックス - 9月13日(水) 9時24分

拡大写真

(スポニチアネックス)

 お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の中田敦彦(34)が13日放送のTBS「ビビット」(月〜金曜前8・00)に生出演。自身の感情をコントロールする“秘策”を明かした。
 番組では、元秘書への暴言、暴行騒動で自民党を離党した豊田真由子衆院議員(42)について特集。新たに入手した音声が公開された。
 番組MCの女優・真矢ミキ(53)は激しく罵倒する音声に「こういう朝はキツイですよね。目覚ましにしたらいいんじゃないでしょうか」と苦笑。「言葉遣いって私も間違ってしまうこともあるんですが、一番人格が出るところ、資質というか」と続けた。
 そんな中、中田は「僕は録音を隠さず、オープンにしていくことで抑止力になっていくと思っているタイプ」と普段から会話の録音をしていることを告白。「口論になりそうだなと思ったら、録音を始めるんです。今はスマホで簡単に録音できますから。いろんな仕事相手の人とかとかでも何かちょっともめそうだなという時はちょっと録音しましょう、とするんです。逆に(感情)が収まるんです」と持論を展開。「(夫婦でも)それですっと収まったりするんです。冷静になる。豊田さんも録音しますよってなったらここまでならなかった気がする」と続けた。
 次々と違うデータが小出しにされる状況に「(豊田議員の)対応に対する不満かもしれない。言動が悪かったと認めるべきかも」と話した中田。いざという時の録音は「オススメです。大切な相手だからこそかもしれない」と力を込めた。

 

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright (C) SPORTS NIPPON NEWSPAPERS