最新ニュース

写真で見るあの日

お天気情報

スポーツニュース

文化・芸能

小池都知事をパロディー化 謎の新曲「豊洲の女」が話題に

スポニチアネックス - 6月20日(火) 6時15分

拡大写真

(スポニチアネックス)

 小池百合子東京都知事をパロディー化したCDが今月1日に全国発売され、話題を呼んでいる。新人歌手・三沢カヅチカ(年齢不詳)のデビュー作「豊洲の女」(エスプロレコーズ)。関係者によると、安倍晋三首相に近い人物が、企画に大きく関わっているという。
 ♪化粧だけでは隠しきれない〜という挑発的なフレーズで始まり、過去の栄光に浸りつつ、先に進めない女性の葛藤を歌う。「ダイバーシティ」「ブルーオーシャン」など小池氏にまつわるキーワードが並び、三沢が情感たっぷりに歌い上げている。豊洲を舞台にしたPVには、後ろ姿が小池氏によく似た女性が登場する。
 小池都政に批判的な哲学者・作家の適菜収氏(42)が「いろいろな形の風刺、批評があっていい」として作詞。適菜氏の知人で、安倍内閣の官房参与を務める京大大学院の藤井聡教授(48)が賛同し、“謎の歌手”三沢を紹介された。三沢は声や歌い方が藤井教授とうり二つで、実は同一人物なのではとの見方も浮上している。

 

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright (C) SPORTS NIPPON NEWSPAPERS