最新ニュース

写真で見るあの日

お天気情報

スポーツニュース

文化・芸能

あっという間にお金が…藤真利子 11年にわたる母の介護で自責の涙「私がいけない」

スポニチアネックス - 2月17日(金) 21時15分

拡大写真

(スポニチアネックス)

 女優の藤真利子(61)が17日に放送されたTBS「爆報!THE フライデー」(金曜後7・00)に出演。母の介護生活を振り返り涙した。
 05年6月、同居していた母・静枝さんが脳梗塞で倒れ、入院。日常生活が困難で、話すことも難しくなっていた。藤はドラマの仕事が増えていた時期で、面会時間に融通が利く個室の入院を選んだ。だが、病院からの請求は一か月で70万円に達し、その後も治療費や生活費で年間総額は500万円となった。
 「あっという間にお金がなくなりますよ、介護は。最初の1年で使い切った」と当時を振り返る藤。そうして選んだのが在宅介護だった。静枝さんの介護について全て自分で決め、まさに「自分が主治医」と言える生活となった。
 静枝さんは16年11月、92歳で他界。四十九日がたった頃、藤は「私がいけない、私の判断ミスです」と号泣。自分を責め、「私が殺しちゃったような気がするんですよ」と悔やんだ。
 だが、ある時生前の静枝さんの動画が見つかった。藤が留守の時にヘルパーが撮影したもので、しゃべれないはずの静枝さんが「おかえり、マリ」と話しているものだった。藤は「産んでくれてありがとうって思います。感謝してます、全てを」と涙ながらに静枝さんへの思いをあふれさせた。

 

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright (C) SPORTS NIPPON NEWSPAPERS