最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

インタビュー

『トランスフォーマー/最後の騎士王』イザベラ・モナー インタビュー

MOVIE Collection[ムビコレ] - 8月6日(日)

『トランスフォーマー/最後の騎士王』イザベラ・モナー インタビュー
宿題を終えた直後に出演決定! 家中を走り回った

『トランスフォーマー/最後の騎士王』
2017年8月4日より全国公開
(C)2016 Industrial Light & Magic, a division of Lucasfilm Entertainment Company Ltd., All Rights Reserved

この夏に見逃せない大作のひとつといえば、人気シリーズ最終章の幕開けとなる『トランスフォーマー/最後の騎士王』。本作では約16億円もの予算を追加してIMAX 3Dカメラを使用しており、最新技術を駆使した圧巻の映像は、新たな3D体験ができることでも大きな注目を集めている。

そんななか、今回のヒロインとして抜擢されたのは、女優としてだけでなく、歌手、ダンサー、ウクレレ奏者など、幅広い才能を発揮している新星イザベラ・モナー。そこで、先日16歳になったばかりのイザベラに将来のことや本作への思いを語ってもらった。


──10歳でブロードウェイデビューを果たすなど、小さい頃からこの仕事をされていますが、これほどの大作に出演するのは初めてということなので、まずは出演が決まったと聞いたときの様子を教えてください。 

イザベラ・モナー

イザベラ:自宅で宿題を終えたときに、私のスタッフから電話があって、「すぐに荷造りをしなさい。アリゾナに行ってもらうから」っていきなり言われたの。「なんでアリゾナなの?」って聞いたら、「これから『トランスフォーマー』に参加することになったから」と言われて、しばらく叫んだりしながら家中を走り回って喜んだり、泣いたりしていたわ(笑)。ただ、騒いだあとに、「マーク・ウォールバーグと共演するためにはがんばらなくちゃいけないけど、できるかしら?」という感じで、少し緊張して、懐疑的にもなったりしていたわね。

──とはいえ、「圧倒される気持ちにはなったけど、自分には無理とは思わなかった」とコメントしています。その若さでそれだけの自信を持って挑めたのはなぜだと思いますか?

イザベラ:私の父はちょっとうぬぼれ屋さんなところがあって、愉快でもあるんだけど、そういうところは父親似で、私が受け継いでいるところもかもしれないわ。だから、今回マイケル・ベイ監督にどんなにきついことを言われたとしても、父のようになんでも真に受けないようにしようと思っていたし、あとは母のように自我があまり強くないところも私にとっては有益だと思っているの。
 その他には、例えばSNSでとてもポジティブなメッセージやフィードで追うようにもしているわ。だから、そういうものや友達が発信しているものを見て、自分の生活のなかに取り入れているとも言えるんじゃないかしら。

『トランスフォーマー/最後の騎士王』撮影中の様子。左からマイケル・ベイ監督、スクィークス、イザベラ・モナー

──マイケル・ベイ監督といえば、ハリウッドを代表する監督のひとりですが、この現場で学んだことはどんなことですか?

イザベラ:マイケル・ベイ監督の現場は、毎時間ごとに本当にいい経験になったわ。監督はセットのなかで純粋に喜びを感じていて、本当に自分が愛してやまないことを仕事にしている人なのよ。彼も若い頃から仕事を始めている人なので、若くして成功を手にした話についても教えてくれたの。そのときに、私には「子供でいなさい」と言っていたけれど、監督自身も今でもまだ子どものところがあると私は思ってるわ(笑)。
 それから、監督は現場ではカメラを手に撮影しているだけでなく、爆発のシーンのあとには自らほうきを持って破片を掃いていたのよ! だから、本当にちゃんとすべて自分でやっていて、マイケル・ベイ監督というのは唯一無二の素晴らしい人だと思うわ。

──本作では最初にご自分が登場するシーンが気に入っているそうですが、他にも注目して欲しいところはありますか?

イザベラ:その他で注目してもらいたいところは、シカゴでの格闘シーンで、私とジェロッドとマークが戦っているところかな。特に教会のところでは監督から、「ちょっと上向いて、てっぺんのところを見て」と言われて、教会で上を向いたシーンがあるんだけど、なぜかそこがとても気に入っているの。だから、みなさんにもぜひそのシーンに注目してもらいたいと思ってるわ。

(2017/08/06)
 
イザベラ・モナー
Isabela Moner

2001年7月10日生まれ、アメリカ・オハイオ州出身。10歳のときに、ミュージカル「エビータ」でブロードウェイデビュー。その後『The House That Jack Built』(13年)で映画デビュー、『Growing Up Fisher』(14年)でテレビシリーズデビューを果たすなど、活躍の場をどんどんと広げている。現在は、女優だけでなく、歌手、ダンサー、シンガーソングライター、ウクレレ奏者としても高い評価を得ており、今後さらなる活躍が期待されているアメリカの新星。待機作の「Soldado」では、ベニチオ・デル・トロやジョシュ・ブローリンとの共演が決まっている。アメリカ人の父とペルー人の母を持ち、スペイン語も堪能。

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(C)2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved./Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./(C) ONGAKUSHUPPANSHA Co.,Ltd./© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved./(C) MOVIE Collection/Copyright(C)Wordleaf Corporation. All Rights Reserved./© 2017 Viacom International Inc. All rights reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。