最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

インタビュー

『ブランカとギター弾き』長谷井宏紀監督インタビュー

MOVIE Collection[ムビコレ] - 7月29日(土)

『ブランカとギター弾き』長谷井宏紀監督インタビュー
エミール・クストリッツァ監督との出会いから始まった

『ブランカとギター弾き』
2017年7月29日より全国公開
(C)2015-ALL Rights Reserved Dorje Film

世界中を旅しながら、その瞬間に感じたものを写真や映像として切り取ってきた長谷井宏紀監督。彼が孤児の少女ブランカと盲目のギター弾きピーターとの心の交流を描いた映画『ブランカとギター弾き』が日本で公開を迎える。

本作は、ヴェネチア国際映画祭、ヴェネチア・ビエンナーレの出資のもと製作され、第72回ベネチア国際映画祭でソッリーゾ・ディベルソ賞、マジックランタン賞を受賞するなど高い評価を得た。非常にユニークな経歴を持つ長谷井監督に、本作制作のいきさつや、ものづくりへの情熱などを聞いた。


──今回、長編デビュー作が日本で公開されますが、どういう経緯で本作を撮ることになったのですか?

『ブランカとギター弾き』
(C)2015-ALL Rights Reserved Dorje Film

監督:自分でいろいろ興味のあるものを撮っているなか、世界中を旅しているときに、フィリピンのごみ山で生きる子どもたちと出会って、結構そこに通っていたんです。そこにいる子どもたちとも仲良くなって、短編で映像を撮っていたら、その作品をセルビアのエミール・クストリッツァ監督が気に入ってくれて、しばらくの間サポートをしてくれることになったんです。そこからセルビアに住んで脚本を書き始めたりしたんです。

──世界を旅する目的というのは映画監督になるために?

監督:はっきりとそういう目的があったわけではないですが、世界を見ることで自分のなかでも、なにかが見えてくるんだろうなという思いはありました。

『ブランカとギター弾き』
(C)2015-ALL Rights Reserved Dorje Film

──フィリピンのごみ山での撮影はどういった経緯から?

監督:通っているうちに子どもたちとも気心が知れて、その場でストーリーを考えて撮ってみた感じです。

──その映像をクストリッツァ監督が気に入ってくれたとのことでしたが、野心みたいなものはあったのでしょうか?

監督:うまくいえないのですが、僕の場合、野心とかが作品に入るとダメなんですよね。純粋に子どもたちと遊んで、自分のなかに湧き出てきたストーリーで作った1日だけの話。なぜ作ったかというと、楽しみたかったから。それがセルビア人のクストリッツァ監督の心に響いたんですよね。

──エミール・クストリッツァ監督とはどういう繋がりだったのですか?

監督:彼は映バンドをやっていて、僕はそのツアーに一緒に回っていたんです。たまたまそのとき、僕の映像を見てくれて、2年間ぐらい僕のサポートをしてくれたので、セルビアで暮らしながら脚本や創作活動をしたんです。そこからドイツ人やイタリア人のプロデューサー達と知り合いになり、最終的にヴェネチアでこの映画に繋がったんです。

──先ほど野心はなかったとお話しされていましたが、商業映画としての展望はお持ちだったのでしょうか?

長谷井宏紀監督

監督:この作品は、ヴェネチア国際映画祭、ヴェネチア・ビエンナーレが全額出資してくれた作品なので、ルールとして「プレミアはヴェネチアで」というのは決まっていたんです。でもその後の劇場公開とかはまったく考えていませんでした。

──では作品作りで一番大切にしていることは?

監督:純度という言葉をどう定義するかという話になるのですが、映画に対して純度高く取り組むことによって、結果は後からついてくると思うんです。僕はこの作品が長編映画第1作目なので、そこまで経験に基づいていえるわけではないのですが、自身の思いを純度高く、余計なことを考えないで作品に集中することが一番大切なことだと思うんです。もちろん、しっかりした作戦や計画を立てて、成功に導くという方法も素晴らしいと思いますが、僕には難しいやり方かもしれません。

──この作品に傾けた長谷井監督の一番純度の高い情熱は?

監督:「みんな楽しく、楽にいこうよ」ということかな。大人になると厳しい世の中だということは感じると思うけれど、作り手の僕らが「もっと楽に!」と伝えることは大切だと思うんです。主人公のブランカもそうだけど、6~7歳って、まだ自分たちの居場所を限定していない。自分たちがミドルクラスだとかハイクラスだとか考えてないですよね。だんだん成長して、そういうことが理解できて、スラムにいる子どもたちは現実を受け止められずに、ヘビーな世界に進んでしまうこともあるけれど……。だからあえて「楽しくいこう」というメッセージは、希望に繋がるし大切なことだと思うんです。

──そういう考えは、スラムに足を運んで感じたことなのですか?

監督:あまり説教くさいことをいいたいわけではないんです。僕がスラムに足を運ぶのも、なにかをしてあげたいということは全くない。ただ子どもたちと触れ合うことで、僕の心を彼らが温かくしてくれるんです。だから通っていたんです。

(2017/07/29)
 
長谷井宏紀
はせい・こうき

1975年生まれ、岡山県出身。2009年、フィリピンのストリートチルドレンとの出会いから生まれた短編映画『GODOG』でエミール・クストリッツァ監督が主催するセルビアKustendorf International Film and Music Festival にてグランプリ(金の卵賞)を受賞。その後、ヨーロッパとフィリピンを活動の拠点とし、2012年、短編映画『LUHA SA DISYERTO (砂漠の涙)』(伊・独合作)をオールフィリピンロケにて完成させた。2015年、『ブランカとギター弾き』で長編監督デビューを果たす。

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(C)2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved./Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./(C) ONGAKUSHUPPANSHA Co.,Ltd./© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved./(C) MOVIE Collection/Copyright(C)Wordleaf Corporation. All Rights Reserved./© 2017 Viacom International Inc. All rights reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。