最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

インタビュー

新作『ツイン・ピークス』カイル・マクラクラン インタビュー

MOVIE Collection[ムビコレ] - 7月25日(火)

新作『ツイン・ピークス』カイル・マクラクラン インタビュー
ファンからの声が新シーズンのきっかけになった

新作『ツイン・ピークス』
2017年7月22日よりWOWOWにて放映中(7月25日深夜0時より『第一章』無料放映)
(C)Twin Peaks Productions, Inc. All Rights Reserved.

美少女ローラ・パーマーの殺人事件の謎を追うサスペンス、謎に満ちた幻想的な展開が世界中を熱狂させた90年代伝説のドラマ『ツイン・ピークス』。奇才デヴィッド・リンチ監督が、最終話の25年後を描く全18話の新作『ツイン・ピークス』を完成させた。WOWOWプライムで7月22日からの放送スタート目前に、主役のFBI捜査官/デイル・クーパーを演じるカイル・マクラクランが来日した。


──前シーズン最終話で、ローラ・パーマーがクーパー捜査官に「25年後に会いましょう」と言う場面がありました。あの時点で、25年後にまた新たに作ろうと続編についてデヴィッド・リンチ監督と話したりしたことが実はあったのでしょうか?

マクラクラン:いや、そういう話は全然なかったですね。ABCが打ち切りを決めた時点で終わりということになったと思います。当時はがっかりしました。ボブが乗り移ったクーパーを演じることに新しい可能性を感じていたし、とてもやりたかった。だから、僕自身は不本意な思いもありました。

新作『ツイン・ピークス』
(C)Twin Peaks Productions, Inc. All Rights Reserved.

──でも、あの台詞から「もしかしたらいつか」と思ったりはしませんでしたか?

マクラクラン:当時は思いませんでした。ただ25年後、つまり3年前ですが、多くの『ツイン・ピークス』ファンが僕やデヴィッド、マーク(・フロスト)にSNSを介して「25年後になりますよ」と知らせてきてくれたんです。つまり、新しく番組を作る必要があるんだ、と。そういうファンの声がクリエーターたちには助けになったんじゃないでしょうか。

──全18話はすでに撮影を終えているそうですが、撮り終わった感想は? 長い1本の映画のように撮り、各話に編集していくそうですが。

マクラクラン:それは、驚きでした。各エピソード……というより時間と表現した方がいいな。本当に興味深く、見ているのが楽しい。今は視聴者として楽しんでいる感覚です。

来日プロモーションイベントに登場したカイル・マクラクラン

──前シーズンは、ストーリーがクリフハンガー(宙吊り状態)で終わりましたが、今回はどうでしょう? 完結編? それともまだ続くのでしょうか?

マクラクラン:わかりません(笑)。脚本は全部読みましたが、それが全てではないかもしれない。というのは、デヴィッドが書き直したり、他のシーンを付け足しているようだし、編集もある。だから、今シーズンがどういう風に終わるかはわかりません。僕自身、現時点ではまだ8話までしか見ていないんです。

──今シーズンの面白さは、クーパーというキャラクターが1つに収まりきらないところにあると思います。そこを語っていただけますか?

マクラクラン:頑張ります(笑)。まず、巨人と一緒に赤い部屋にいるデイル・クーパー。そしてボブに乗り移られ、25年間この世界で悪いことをやりたい放題のクーパー。そして僕はダギー・ジョーンズという人物も演じています。彼らの間で緊張感が高まり、どこかで何かが起きることになると思います。

──俳優として、やりがいのある役だったのでは?

マクラクラン:俳優としても、一視聴者としてもね(笑)。挑戦だったけど、喜びでもありました。普通なら演じる機会がないものですから。

新作『ツイン・ピークス』
(C)Twin Peaks Productions, Inc. All Rights Reserved.

──今回のシーズンは以前にも増して、ますます抽象的な描写が増えた印象です。撮影の際、そういうシーンについてデヴィッド・リンチやマーク・フロストは説明してくれるのか、それとも演じる側に委ねるのでしょうかか?

マクラクラン:僕から質問することもあります。でも、とにかく演じてみて、デヴィッドに任せます。彼の心の中に全てのストーリーがあるから。だから、僕自身は自分の役に集中して演じるという感じです。僕の演技を見て、必要だと思えばデヴィッドは説明もしてくれます。とはいえ、最小限のことしか説明したがらないし、それ以上は僕自身もプッシュしません。

──『ツイン・ピークス』は20数年前の日本でも大きなブームになりましたが、この作品について思うことを教えてください。

新作『ツイン・ピークス』
(C)Twin Peaks Productions, Inc. All Rights Reserved.

マクラクラン:世界中いろいろな国で様々な人たちにインパクトを与えたと思います。アメリカでもそうでした。普通じゃないストーリー、思いもよらない行動をとるキャラクターたち、映像、説明のつかない奇妙な情景があったり。予測できない驚きの部分にみんなが反応した。音楽も特徴的で引き込まれるものでした。本当に全てにおいて新鮮で、とても新しかったんだと思うんです。以後、たくさんの番組が生まれました。真似しているわけではありませんが、情景やイメージなど、今までとは違って伝統的ではないものを作る。その流れを作ったのは『ツイン・ピークス』だと思います。

──『ツイン・ピークス』の成功はキャリアにどんな影響を与えたと思いますか?

マクラクラン:確かに他の俳優と同じことはやっていないですね。普通じゃない役もたくさんオファーされるようになりましたが、そのおかげで僕のキャリアはより面白いものになったと思っています。

(2017/07/25)
 
カイル・マクラクラン
Kyle MacLachlan

1959年2月22日生まれ。アメリカ・ワシントン州出身。大学卒業後、舞台を経てデヴィッド・リンチ監督『デューン/砂の惑星』の主演に抜擢されて映画主演デビュー。リンチ監督の『ブルーベルベット』(86年)、ジャック・ショルダー監督の『ヒドゥン』(87年)を経て、1990~91年に社会現象にもなったTVシリーズ『ツイン・ピークス』に主演。TVでは『セックス・アンド・ザ・シティ』や『デスパレートな妻たち』に出演。映画はオリバー・ストーン監督の『ドアーズ』(91年)、ポール・バーホーヴェン監督の『ショーガール』(95年)、アカデミー賞長編アニメ賞受賞作『インサイド・ヘッド』(15年)ではヒロイン、ライリーのパパ役で声の出演。

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(C)2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved./Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./(C) ONGAKUSHUPPANSHA Co.,Ltd./© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved./(C) MOVIE Collection/Copyright(C)Wordleaf Corporation. All Rights Reserved./© 2017 Viacom International Inc. All rights reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。