最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

インタビュー

『銀魂-ミツバ篇-』吉沢亮×北乃きいインタビュー

MOVIE Collection[ムビコレ] - 7月14日(金)

『銀魂-ミツバ篇-』吉沢亮×北乃きいインタビュー
どっちかっていったらSなので、ドSキャラを楽しんで演じた(吉沢)

『銀魂-ミツバ篇-』
2017年7月15日 0:00より配信/全3話(全話一挙配信)
(C)空知英秋/集英社 ©2017映画「銀魂」製作委員会 (C)2017 dTV

週刊少年ジャンプの人気連載マンガを映画化した『銀魂』。笑いの達人・福田雄一監督が、小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、吉沢亮らの豪華キャストで贈る今夏最大の話題作だが、映画公開と同日に、キャスト、スタッフによるdTVオリジナルドラマ『銀魂-ミツバ篇-』も配信が始まる!

『ミツバ篇-』で描かれるのは沖田総悟(吉沢亮)と姉・ミツバ(北乃きい)の姉弟愛を描いた“泣ける!”物語。映画同様、話題を呼んでいる本作について、吉沢と北乃に話を聞いた。


──北乃さんはdTVのオリジナルキャストです。映画と同じスタッフやキャストの中に入るときに緊張などしましたか?

北乃きい(左)と吉沢亮(右)

北乃:本当に疎外感とかは感じなくて、気にせず参加できました。ただ、喫茶店のシーンで天人(あまんと/=宇宙人)がいっぱいいて、吉沢さんとかみなさん結構スルーして当たり前のことのようにされていたんですけど、私は初見だったのでキョロキョロしちゃいました(笑)。「あれすごい!」みたいな話題はみなさんもう終わっていたので、誰とも共有できなかったのはちょっと寂しかったですね。

吉沢:僕も思ってました。

北乃:え! 思ってたんですね!?(笑)

吉沢:僕も、劇場版で天人(宇宙人)とかが出てくるシーンはそんなになかったので、あそこまであの空間を天人(宇宙人)が埋め尽くしている感じはなくて。

北乃:ひょっとこみたいなのもいましたよね(笑)。そういったことを共有したかったです。

──今回はギャグ要素も入っていますが、いつもの福田監督作品とは少し違うシリアスなテイストですね。

吉沢:シリアスなシーンの時は福田組ということをあまり考えずに普段通りお芝居をしていました。福田さんも結構役者に任せてくださる方なので。

『銀魂-ミツバ篇-』
(C)空知英秋/集英社 ©2017映画「銀魂」製作委員会 (C)2017 dTV

──沖田総悟は、普段はドSだけれど、母代わりの姉・ミツバの前では良い子になってしまうという役です。変化が激しいのですが、どのように演じたのでしょうか?

吉沢:最初、超緊張してたんですけど、北乃さんの雰囲気のおかげで、すごく落ち着いていてリラックスしながらできたので、すごくやりやすかったです。

──沖田総悟はドSですが、ご自身はSですか? Mですか?

吉沢:どっちかっていったらSです(笑)。だから割と楽しんでやってました。でも意外とそこまで「ドSドS」言われる程、ドSなシーンはなくて。

──北乃さんのミツバもちょっとSっ気がありますがご自身はどうですか?

北乃:うーん。Sかなぁ。

──撮影中、印象深いエピソードなどはありますか?

『銀魂-ミツバ篇-』
(C)空知英秋/集英社 ©2017映画「銀魂」製作委員会 (C)2017 dTV

吉沢:剣の練習中に柳楽さんの頭に思いっきり当たっちゃったことがあって。でも、全然大丈夫だよって。

北乃:笑って、そう(笑)。

吉沢:でも大丈夫なはずがないんです。本当にフルスイングだったので(笑)。冷や汗がやばかったです。でも本当に、距離感とか、お互いの呼吸を合わせることが大事だって感じました。
 あと、喫茶店のシーンで僕が「坂田くんじゃないかー」のときに間違えて、「沖田くんじゃないかー」と言ってしまって、僕がそのときひよって、「あ、すいません、沖田君僕でした~」ていったら監督が「今の続けたほうがおもしろいよ~」て言われて(笑)。

北乃:こわい~!(笑)。

吉沢:あれは結構怖い瞬間でした。監督が怒ってる感じでもなく、わりと冷たい感じだったので(笑)。

北乃:なんか起きたことをすべて活かしていただいて、素材にしていきますよね! 普通だとNGのところだけど「使われてる!」って!

吉沢:気づいたら本気で笑ってる顔とかが入ってたりするので、それはちょっと怖いです!

(2017/07/14)
 
吉沢亮
よしざわ・りょう

1994年2月1日生まれ、東京都出身。ドラマ『仮面ライダーフォーゼ』(11年~12年)の朔田流星役で人気を博し、ドラマ『ロストデイズ』『地獄先生ぬ~べ~』(共に14年)、『トモダチゲーム』(17年)などに出演。主な出演映画は『オオカミ少女と黒王子』(16年)『サマーソング』(共に16年)、劇場版『トモダチゲーム』(17年)など。今後は『トモダチゲーム 劇場版FINAL』、『リバーズ・エッジ』などの公開も控えている。

北乃きい
きたの・きい

1991年3月15日生まれ、神奈川県横須賀市出身。モデルとして活躍後、映画『幸福な食卓』(07年)で注目を集め、『ライフ』(07年)で人気を確立。映画では『ハルフウェイ』(09年)、『武士道シックスティーン』(10年)、『上京ものがたり』(13年)などに出演。テレビ番組『ZIP!』の司会を担当したほか、歌手としても活動。幅広く活躍する。

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(C)2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved./Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./(C) ONGAKUSHUPPANSHA Co.,Ltd./© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved./(C) MOVIE Collection/Copyright(C)Wordleaf Corporation. All Rights Reserved./© 2017 Viacom International Inc. All rights reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。