最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

インタビュー

『逆光の頃』高杉真宙インタビュー

MOVIE Collection[ムビコレ] - 7月7日(金)

『逆光の頃』高杉真宙インタビュー
実生活での青春は平凡。でも、意外と青春してたなと思う

『逆光の頃』
2017年7月8日より全国順次公開
(C)タナカカツキ/講談社・2017 東映ビデオ/マイケルギオン

ネクストブレイクとして注目される弱冠20歳の若手イケメン俳優、高杉真宙。毎回話題となる「ViVi」の“NEXT国宝級イケメンランキング”の2017年上半期で第3位にランクインした注目株だ。今年は出演作の『PとJK』『ReLIFE リライフ』がすでに公開され、取材した時点では公開やオンエア待機作がなんと18本もあるというから、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いという表現にふさわしい。

そんな彼が主演を果たした『逆光の頃』が公開される。『逆光の頃』は、「コップのフチ子」の企画・原案やロングセラー・ギャグ書籍「バカドリル」の作者で知られるタナカカツキ原作による同名マンガの実写化だ。しかし、昨今のタナカカツキの笑いを狙った作風とは違い、彼の初期作品の「逆光の頃」は京都を舞台に青春のきらめきやくすぶり、または淡い想いを繊細なタッチで叙情的に描いている。高杉真宙は主人公の高校生・赤田孝豊に扮し、青春の期待と不安をみごとに体現した。


──原作は読まれましたか?どんなイメージを持ちましたか?

高杉真宙

高杉:初めて読んだとき、独特の雰囲気があるな、と思いました。その雰囲気をどうやって再現すればいいかと思い、不安と緊張もありました。

──どういう雰囲気を感じましたか?

高杉:なんですかねぇ、そこに(作品の世界が)ある、というか。言葉にするのは難しいですね。ひとつ言えるのは、京都の町の雰囲気というのがあって、それも大きい要素だと思います。僕は今まで京都をちゃんと見て回ったことがなかったんですが、今回いろんなとこを見て、ほんとに素晴らしい場所だなって思いました。観光地だけじゃなく、何ていうことのない路地裏でも絵になるんですよ。ふらふら散歩してるだけでも楽しいんです。

──ずいぶん京都を気に入られたんですね。

高杉:大好きになりました。京都の町で生活して青春を過ごせるなんて、孝豊が悔しくなるくらい羨ましいです(笑)。

高杉真宙

──鴨川に入ってはしゃぐシーンや「大文字」の五山送り火など、印象的なシーンも多いですが、どのシーンが好きですか?

高杉:たくさんあるので1つに絞りにくいんですが、満月のシーンがすごく好きで。孝豊の頭の中にある妄想が爆発するシーンというか、夢があって好きです。月もキレイだし。あの月は本物ではなくて大きな模型なんですけど、撮影のときにも現場に実際にあって、見ていて純粋にキレイだなと思いました。

──主人公の孝豊の役づくりについて教えてください。

高杉:孝豊自体を作りあげていくというよりは、回りの人が波を作り出して、その波に孝豊が乗ることでどんどんキャラクターが作られていくというような感覚でした。孝豊自身は普通というか、自分で行動していくタイプではなくて、回りの人が動き出しているのを見て羨ましいと思っているような子。そういうところが自分と似ていると思います。回りのいろんな人が輝いて見えて、僕は誰に対しても 劣等感を抱くという感じなので。

──意外です。高杉さんはたくさんの長所を持ってられるのに、ネガティヴ思考なんでしょうか。

高杉:いや、ネガティヴというわけじゃなく、そう感じることによってがんばろうって思います。この人が羨ましいな、この人みたいになりたいな、もっともっとがんばろうって。

高杉真宙

──高校時代はどんな学生でしたか?

高杉:そこは孝豊とは違いますね、こんなキレイな青春じゃない(笑)こんな青春は繊細で壊れやすい宝物だなって思います。僕はとても平凡で文化祭や学校のイベントが楽しかったっていう、その程度の青春。友達とファミレスでしゃべっているのが楽しかったな、とか。でも、振り返ると、あの時間って意外と青春してたなと思います。

──同年代の俳優と交流はありますか? 20歳になられたのでお酒を飲みに行ったり、とか。

高杉:プライベートでの交流はないですね。お酒も弱いので、普段は飲まないです。体質的に合わないみたいで。

──真っ赤になるタイプ?

高杉:そう、真っ赤になります。今はまだジュースのほうが美味しいです(笑)。

(2017/07/07)
 
高杉真宙
たかすぎ・まひろ

1996年7月4日生まれ。福岡県出身。2009年、舞台「エブリ リトル シング´09」で役者デビューし、2010年には『カルテット!』で早くも映画初主演を果たす。特撮シリーズ『仮面ライダー鎧武/ガイム』の龍玄役で注目を集める。主演映画『ぼんとリンちゃん』(2014年)で第36回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞、TVシリーズ『明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン』(2015年)で連続ドラマ初主演。今後も『トリガール!』『散歩する侵略者』『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』『世界でいちばん長い写真』など公開作が続々待機中。

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(C)2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved./Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./(C) ONGAKUSHUPPANSHA Co.,Ltd./© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved./(C) MOVIE Collection/Copyright(C)Wordleaf Corporation. All Rights Reserved./© 2017 Viacom International Inc. All rights reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。