最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

インタビュー

『東京ヴァンパイアホテル』夏帆インタビュー

MOVIE Collection[ムビコレ] - 6月22日(木)

『東京ヴァンパイアホテル』夏帆インタビュー
「これは絶対に面白くなるな」と興奮した

『東京ヴァンパイアホテル』
2017年6月16日よりAmazon プライム・ビデオにて見放題独占配信
(C)2017NIKKATSU

ここ数年は、“動画配信サービス戦国時代”ともいえるほど、各社が独自のコンテンツでしのぎを削っている。そんななか、鬼才・園子温監督が完全オリジナル脚本をひっさげてAmazonプライム・ビデオに参戦し注目を集めている。地球と人類の滅亡を図る吸血族と人類との戦いを描き、異色のドラマとなった『東京ヴァンパイアホテル』。映画顔負けの出来上がりは、反響を巻き起こすことは間違いなさそうだ。

個性豊かなキャストが集結し作品を盛り立てているが、そのなかで主演を務めたのは、話題作への出演が続いている夏帆。そこで、本作の現場での様子や女優として着実にキャリアを積んでいる現在の心境について語ってもらった。


夏帆

──まず、主演に決まった時のお気持ちは?

夏帆:以前、園さんとはドラマ『みんな!エスパーだよ!』でご一緒させていただいたんですけど、まさかまた呼んで頂けるとは思ってなかったので、びっくりしましたね。しかも、園さんのオリジナル脚本で、ヴァンパイアもののドラマを作るという話だったので、「これは絶対に面白くなるな」と興奮して、ぜひとお受けしました。

──最初に脚本を読んだときの感想は?

夏帆:実は、今回は脚本が完成してから撮影が始まったのではなくて、撮影をしながら、園さんが書いていったという形だったので、インする前に脚本がすべてあったわけではないんです。それでも、いままで見たことのない作品になりそうな感じはありましたね。

(2017/06/22)
 
夏帆
かほ

1991年6月30日生まれ、東京都出身。2003年にCMでデビューを果たしたのち、11代目の「リハウスガール」に抜擢され注目を集める。その後、ドラマや映画に次々と出演。2007年には映画初主演となる『天然コケッコー』で、日本アカデミー賞新人俳優賞や報知映画賞など、数々の賞に輝き、高く評価される。主な映画出演作としては、『うた魂(たま)♪』(08年)や『きな子~見習い警察犬の物語~』(10年)、『箱入り息子の恋』(13年)、『海街diary』(15年)、『ピンクとグレー』(16年)、『22年目の告白-私が殺人犯です-』(17年)など。また、2012年からは舞台にも挑戦しており、活躍の場をさらに広げている。

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(C)2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved./Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./(C) ONGAKUSHUPPANSHA Co.,Ltd./© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved./(C) MOVIE Collection/Copyright(C)Wordleaf Corporation. All Rights Reserved./© 2017 Viacom International Inc. All rights reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。